ホーム > 書籍詳細:神戸震災日記

何かしろ、何ができる? ――愛着ある街の悲報に接して、作家は現地に駆け付けた。そして、そこで田中が見たものは――。

神戸震災日記

田中康夫/著

2,530円(税込)

本の仕様

発売日:2003/04/04

読み仮名 コウベシンサイニッキ
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 228ページ
ISBN 978-4-10-865266-8
定価 2,530円

何かしろ、何ができる? ――愛着ある街の悲報に接して、作家は現地に駆け付けた。バイクに跨がり、水、下着、化粧品などを直接手渡す。そして見えてきたのは、マスコミや企業の偽善、被災者の心を汲みとれない知事や市長の体温の低さだった。その後もテント村や仮設住宅に通い続けて、何ひとつ震災前と変わらぬまま封印されてゆく現代日本の病巣までを焙り出した渾身のレポート。

著者プロフィール

田中康夫 タナカ・ヤスオ

1956(昭和31)年東京生れ。1980年、一橋大学在学中に書いた『なんとなく、クリスタル』が文藝賞を受賞し、一躍100万部を超すベストセラーとなった。以後、小説、『東京ペログリ日記』などのエッセイ、社会評論集『ファディッシュ考現学』等、幅広い分野で活躍。2000(平成12)年には長野県知事に当選し2期6年務めた。2007年、参議院議員、2009年衆議院議員(兵庫8区)に当選。「新党日本」代表。各紙誌で執筆活動中。

田中康夫公式ツイッター (外部リンク)

新党日本HP (外部リンク)

感想を送る

新刊お知らせメール

田中康夫
登録する

書籍の分類