ホーム > 書籍詳細:人生論・幸福論

昭和の激動期に、なお柔軟な感受性と強靱な思索の両面をもって人間を直視し続けた著者の、文字通り人生探求の書である。

人生論・幸福論

亀井勝一郎/著

3,960円(税込)

本の仕様

発売日:2003/04/04

読み仮名 ジンセイロンコウフクロン
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 368ページ
ISBN 978-4-10-865267-5
定価 3,960円

昭和の激動期に、なお柔軟な感受性と強靱な思索の両面をもって人間を直視し続けた著者の、文字通り人生探求の書である。「宗教と文学」「二十世紀日本人の可能性」「日本の智慧」「西洋の智慧」「様々な感想」「人生の途上で」「恋愛美学」「断想」などの諸編は、人間と幸福、愛と信仰、日本と西洋、美と知性を語ることによって、精神の未来像への希望を積極的に示そうとしている。

著者プロフィール

亀井勝一郎 カメイ・カツイチロウ

(1907-1966)函館生れ。東大美学科在学中「新人会」に加わり大学を中退。1928(昭和3)年、三・一五事件で検挙される。保釈後日本プロレタリア作家同盟に所属するが転向して、1935年同人誌「日本浪曼派」を創刊。1943年『大和古寺風物誌』を刊行。戦後は宗教的立場から文明批評を試み、1950年『現代人の研究』で読売文学賞受賞。1959年から連載を開始した『日本人の精神史研究』で1965年菊池寛賞受賞。『亀井勝一郎全集』全21巻補巻3がある。

感想を送る

新刊お知らせメール

亀井勝一郎
登録する

書籍の分類