ホーム > 書籍詳細:深夜の読書

セゾングループのトップでもある著者は深夜の書斎でなにをしているのか? 読書日記や自伝的小説等も収めた多彩な文集。

深夜の読書

辻井喬/著

2,750円(税込)

本の仕様

発売日:2003/06/06

読み仮名 シンヤノドクショ
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 248ページ
ISBN 978-4-10-865275-0
定価 2,750円

21世紀を見通す先進的な企業集団西武セゾングループの総帥・堤清二のペンネームは辻井喬。詩人・小説家としても著名で、彼は一日の仕事を終えると、深夜書斎にこもり、創作の傍ら、好きな書物をひもとく。彼の魂が世界と向い合うのは、そんな時だ。西鶴やマルケスを論じる読書日記をはじめ、モーツァルトの音楽やクレーの絵画を鑑賞したエッセイ、自伝的小説等も収めた多彩な文集。

著者プロフィール

辻井喬 ツジイ・タカシ

1927(昭和2)年、東京生れ。本名・堤清二。東大経済学部卒。西武王国の総帥だった父・堤康次郎の跡を継ぎ、理論派経営者の手腕を発揮する一方、詩人・作家として活躍。1961年、詩集『異邦人』で室生犀星賞、1984年『いつもと同じ春』で平林たい子文学賞、1993(平成5)年、詩集『群青、わが黙示』で高見順賞、1994年『虹の岬』で谷崎潤一郎賞、2004年『父の肖像』で野間文芸賞を受賞。他の作品に『彷徨の季節の中で』『風の生涯』『鷲がいて』など。

感想を送る

新刊お知らせメール

辻井喬
登録する

書籍の分類