ホーム > 書籍詳細:小説東京帝国大学(下)

南北朝正閏論争、大逆事件など、明治の朝野を揺り動かした数々の問題を背景に、東京帝国大学の変遷と功罪を描く異色長編。

小説東京帝国大学(下)

松本清張/著

3,410円(税込)

本の仕様

発売日:2003/07/04

読み仮名 ショウセツトウキョウテイコクダイガク02
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 312ページ
ISBN 978-4-10-865281-1
定価 3,410円

「国家の大学」として巨大な指導者群を養成、日本の現代史を動かす原動力となった東京帝国大学は、激動する時代の流れに如何に呼応し、また抵抗したか。国定教科書の改訂にからむ南北朝正閏論争、大逆事件など、明治の朝野を揺り動かした数々の問題を背景に、その変遷と功罪を描く異色長編。

著者プロフィール

松本清張 マツモト・セイチョウ

(1909-1992)小倉市(現・北九州市小倉北区)生れ。給仕、印刷工など種々の職を経て朝日新聞西部本社に入社。41歳で懸賞小説に応募、入選した『西郷札』が直木賞候補となり、1953(昭和28)年、『或る「小倉日記」伝』で芥川賞受賞。1958年の『点と線』は推理小説界に“社会派”の新風を生む。生涯を通じて旺盛な創作活動を展開し、その守備範囲は古代から現代まで多岐に亘った。

感想を送る

新刊お知らせメール

松本清張
登録する

書籍の分類