ホーム > 書籍詳細:雪夫人絵図

旧華族の孫娘で、雪のような肌を持つ女が、女狂いでサディストの傾向のある夫に苦しめられながら、肌で夫に惹かれてゆく――。

雪夫人絵図

舟橋聖一/著

4,290円(税込)

本の仕様

発売日:2003/07/04

読み仮名 ユキフジンエズ
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 396ページ
ISBN 978-4-10-865287-3
定価 4,290円

旧華族の孫娘で、雪のような肌を持つ女が、女狂いでサディストの傾向のある夫に苦しめられながら、肌で夫に惹かれてゆく情感を、恋人役の作家・方哉、同性愛風に憧れる女中・浜子、ツバメ的な役柄の誠太郎少年を布置し、妖しい四角関係の中に物語る華麗な小説。気高く、つつましく、官能的な雪夫人は、ごく古風なる日本女性の理想像と言えよう。

著者プロフィール

舟橋聖一 フナハシ・セイイチ

(1904-1976)東京本所生れ。クリスマスに生れたので聖一と名付けられる。東京帝国大学文学部卒。大学入学後、劇団を結成。卒業後も大学講師を務めながら劇団活動を続ける。のちに小説を書き始め『雪夫人絵図』などエロティシズムを含んだ独自の世界を確立。他の作品に『花の生涯』など。

まとめテーマでくくる 本選びのヒント

感想を送る

新刊お知らせメール

舟橋聖一
登録する

書籍の分類