ホーム > 書籍詳細:けっぱり先生

試験廃止・PTA解散などで、教育のゆがみを正そうと情熱を燃やすガンバリ校長。多感な青春群像を爽やかに描く感動の学園小説。

けっぱり先生

山口瞳/著

6,050円(税込)

本の仕様

発売日:2003/08/01

読み仮名 ケッパリセンセイ
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 554ページ
ISBN 978-4-10-865292-7
定価 6,050円

春三月、卒業式に「仰げば尊し」を歌わせない学校があった。新聞記者の宮川はその取材で一人の魅力的な教育者を見た。“けっぱり先生”こと猪股校長である。試験廃止、PTA解散など、教育ママの反対もなんのその、ねじまげられた教育のゆがみを正そうと情熱を燃やすガンバリ校長だ。傷つきやすく多感な青春群像を、厚い胸に抱きとめてのその奮戦を、爽やかに描く感動の学園小説。

著者プロフィール

山口瞳 ヤマグチ・ヒトミ

1926(大正15)年、東京生れ。鎌倉アカデミアに入学。出版社勤務を経て、1958(昭和33)年寿屋(現サントリー)宣伝部に入り、「洋酒天国」の編集者・コピーライターとして活躍する。1962年『江分利満氏の優雅な生活』で直木賞受賞。1979年には『血族』で菊池寛賞を受賞する。1963年「週刊新潮」で始まった「男性自身」は、31年間1614回に及ぶ。シリーズ最終巻は『江分利満氏の優雅なサヨナラ』。1995(平成7)年8月永眠。

感想を送る

新刊お知らせメール

山口瞳
登録する

書籍の分類