ホーム > 書籍詳細:紬の里

紬と絣の研究をしている高階は、夫と死別し、女手ひとつで娘を育て、紬を織る志保子と越後で出会い、愛を育てるのだが……。

紬の里

立原正秋/著

2,530円(税込)

本の仕様

発売日:2004/04/02

読み仮名 ツムギノサト
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 228ページ
ISBN 978-4-10-865341-2
定価 2,530円

紬と絣の研究をしている高階は、越後に旅して志保子を知った。夫に死別し、ひとり娘を育てながら、雪に埋もれてひっそり塩沢紬を織る志保子。しかし二人の愛は辛夷の花が散るように、もろくも崩れてゆく……。微妙にかみあわなくなる女の情念と男のエゴイズム。その心理の揺れを、落日の雪山に、また雪どけ水を運ぶ魚野川の冷たい流れに映して、鮮烈な抒情をかもしだす長編ロマン。

著者プロフィール

立原正秋 タチハラ・マサアキ

(1926-1980)1926(大正15)年、朝鮮慶尚北道安東郡生れ。幼くして父を失い、1937(昭和12)年、横須賀の母の再婚先に移る。早稲田大学専門部に入学し、文学部国文科に学ぶが中途退学。「薪能」「剣ヶ崎」で芥川賞候補となり、1966年、「白い罌粟」で直木賞を受賞。凛とした精神性と日本的美意識に裏打ちされた多くの作品を生み、1980年、食道癌により死去。主な小説は『冬の旅』『舞いの家』『残りの雪』『夢は枯野を』『冬のかたみに』『帰路』等。

感想を送る

新刊お知らせメール

立原正秋
登録する

書籍の分類