ホーム > 書籍詳細:巨人の磯

一見、犯罪とは無縁な日常生活の中に潜んでいる不可解な人間心理を、斬新なアングルと手法でえぐった傑作推理小説集。

巨人の磯

松本清張/著

2,750円(税込)

本の仕様

発売日:2004/05/07

読み仮名 キョジンノイソ
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 246ページ
ISBN 978-4-10-865345-0
定価 2,750円

大洗海岸に巨人のように膨張して漂着した海外旅行中の県会議員の死体と巨人伝説を巧みに結び付けた『巨人の磯』。妻の不貞を知った夫の犯行を、その奇抜な凶器と、巧みな人物設定で描く『礼遇の資格』。ほかに、『内なる線影』『理外の理』『東経一三九度線』を収録。一見、犯罪とは無縁な日常生活の中に潜んでいる不可解な人間心理を、斬新なアングルと手法でえぐった傑作推理小説集。

著者プロフィール

松本清張 マツモト・セイチョウ

(1909-1992)小倉市(現・北九州市小倉北区)生れ。給仕、印刷工など種々の職を経て朝日新聞西部本社に入社。41歳で懸賞小説に応募、入選した『西郷札』が直木賞候補となり、1953(昭和28)年、『或る「小倉日記」伝』で芥川賞受賞。1958年の『点と線』は推理小説界に“社会派”の新風を生む。生涯を通じて旺盛な創作活動を展開し、その守備範囲は古代から現代まで多岐に亘った。

感想を送る

新刊お知らせメール

松本清張
登録する

書籍の分類