ホーム > 書籍詳細:春朧(上)

老舗の旅館を営む日野家の嫁、沙衣子は、夫が急死したため、素人同然の身で若女将となったが、その道のりは遠く険しかった……。

春朧(上)

高橋治/著

3,300円(税込)

本の仕様

発売日:2004/05/07

読み仮名 ハルオボロ1
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 306ページ
ISBN 978-4-10-865347-4
定価 3,300円

岐阜県・長良川河畔で老舗の旅館を営む日野家の嫁、沙衣子は、主婦業に専念していたが、夫が急死したため、素人同然の身で若女将となった。悩みの種は姑の松乃。伝統や格式にこだわり、客よりも旅館側の都合を優先する松乃の考え方は、沙衣子とは相反するものだった。やがて沙衣子は、理想のもてなしができる旅館を新たにつくろうと決意するが、その道のりは遠く険しかった……。

著者プロフィール

高橋治 タカハシ・オサム

1929(昭和4)年、千葉市に生まれる。金沢の第四高等学校を経て東京大学文学部国文学科を卒業。松竹に入社し、1960年より監督作品を発表、並行して戯曲も執筆する。1965年松竹を退社、本格的な作家活動に入る。1984年、第90回直木賞を受賞。

感想を送る

新刊お知らせメール

高橋治
登録する

書籍の分類