ホーム > 書籍詳細:愛をめぐる人生論

女は、つねに美しくあって欲しい……当代きってのモラリスト=恋愛小説の名手が親しく語りかける鋭く新鮮な愛の読本。

愛をめぐる人生論

立原正秋/著

2,200円(税込)

本の仕様

発売日:2004/06/04

読み仮名 アイヲメグルジンセイロン
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 196ページ
ISBN 978-4-10-865353-5
定価 2,200円

女は、つねに美しくあって欲しい。そして、優雅で、妖艶であって欲しい。女の愛のすがた、肉体の表情を古今の例証にもとめ、また生きた現実のなかにとらえる。――女が官能にめざめるとき、情事のなかの色と匂い、嫉妬と自尊心、恋愛の結晶作用、淫蕩と情事の表裏、性における意識と肉体の乖離……。当代きってのモラリスト=恋愛小説の名手が親しく語りかける鋭く新鮮な愛の読本。

著者プロフィール

立原正秋 タチハラ・マサアキ

(1926-1980)1926(大正15)年、朝鮮慶尚北道安東郡生れ。幼くして父を失い、1937(昭和12)年、横須賀の母の再婚先に移る。早稲田大学専門部に入学し、文学部国文科に学ぶが中途退学。「薪能」「剣ヶ崎」で芥川賞候補となり、1966年、「白い罌粟」で直木賞を受賞。凛とした精神性と日本的美意識に裏打ちされた多くの作品を生み、1980年、食道癌により死去。主な小説は『冬の旅』『舞いの家』『残りの雪』『夢は枯野を』『冬のかたみに』『帰路』等。

感想を送る

新刊お知らせメール

立原正秋
登録する

書籍の分類