ホーム > 書籍詳細:不信のとき(下)

浮気が露見し、狼狽する男の愚かしさと、愛が憎しみに変貌したときの女のすさまじさを対照させ、不信にみちた男女の相剋を描く。

不信のとき(下)

有吉佐和子/著

3,630円(税込)

本の仕様

発売日:2004/08/06

読み仮名 フシンノトキ02
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 338ページ
ISBN 978-4-10-865359-7
定価 3,630円

情事を楽しみながら出世コースを歩む浅井、夫の心をつなぎとめるため寝室のムード作りに励む妻の道子、浅井の子を生もうとするホステスのマチ子、ヌードスタジオの小娘にうつつをぬかしている小柳老人――楽しいはずの浮気が露見し、あわてふためく男の愚かしさと、愛が憎しみに変貌したときの女のすさまじい執念と復讐を対照させつつ、不信にみちた現代の男女の相剋を描き出す。

著者プロフィール

有吉佐和子 アリヨシ・サワコ

(1931-1984)和歌山生れ。東京女子大短大卒。1956(昭和31)年「地唄」が芥川賞候補となり文壇に登場。代表作に、紀州を舞台にした年代記『紀ノ川』『有田川』『日高川』の三部作、一外科医のために献身する嫁姑の葛藤を描く『華岡青洲の妻』(女流文学賞)、老年問題の先鞭をつけた『恍惚の人』、公害問題を取り上げて世評を博した『複合汚染』など。理知的な視点と旺盛な好奇心で多彩な小説世界を開花させた。

感想を送る

新刊お知らせメール

有吉佐和子
登録する

書籍の分類