ホーム > 書籍詳細:助左衛門四代記

紀州・木ノ本の旧家、垣内家の代々の当主の個性と、その蔭で生きぬく女たちとを、六代目にあたる垣内二郎の手記の形で描く。

助左衛門四代記

有吉佐和子/著

3,672円(税込)

本の仕様

発売日:2004/12/03

読み仮名 スケザエモンヨンダイキ
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 344ページ
ISBN 978-4-10-865380-1
定価 3,672円

巡礼の呪いなのか、代々の長男を不慮の事故で失いながらも、なお営々とその家名を守り、隆盛を極める紀州・木ノ本の旧家、垣内家。封建の世から近代に至る二百五十年にわたる家系をたどり、代々の当主の個性と、その蔭で“家のしがらみ”となって生きぬく女たちとを、六代目にあたる垣内二郎の手記の形で描く。名作「紀ノ川」をさらに一歩進めた、雄大で風格のある歴史小説である。

著者プロフィール

有吉佐和子 アリヨシ・サワコ

(1931-1984)和歌山生れ。東京女子大短大卒。1956(昭和31)年「地唄」が芥川賞候補となり文壇に登場。代表作に、紀州を舞台にした年代記『紀ノ川』『有田川』『日高川』の三部作、一外科医のために献身する嫁姑の葛藤を描く『華岡青洲の妻』(女流文学賞)、老年問題の先鞭をつけた『恍惚の人』、公害問題を取り上げて世評を博した『複合汚染』など。理知的な視点と旺盛な好奇心で多彩な小説世界を開花させた。

感想を送る

新刊お知らせメール

有吉佐和子
登録する

書籍の分類