ホーム > 書籍詳細:後ろの国のサル/隣人たち

後ろの国のサル/隣人たち

由井鮎彦/著

1,540円(税込)

発売日:2021/10/29

書誌情報

読み仮名 ウシロノクニノサルリンジンタチ
装幀 新潮社装幀室/装幀、平野甲賀/タイトル文字、iStock.com/装幀、Fiden/装幀
発行形態 新潮社図書編集室
判型 四六判
頁数 166ページ
ISBN 978-4-10-910204-9
C-CODE 0093
ジャンル 文芸作品
定価 1,540円

第27回太宰治賞受賞作家、待望の第2作。

サルが広場の一角で、黒服の男に竿を振るわれている。そんなあからさまな光景を見つめている三人の男女――(『後ろの国のサル』)。噴水のある公園。次々に訪れた男女らが託し、訴え、欲しがり、打ち砕き、さらには笑う、そのものとは――(『隣人たち』)。――サルはどこから来たのか、誰かが騙している。不安を贈れ、不安を奪われるな、不安の前で踊れ――。

論評

唯一無二の文学的達成がここにある。

安藤礼二

由井鮎彦は、ただひたすら一つの場所を見つめ、一つの場所を作ろうとしている。文学という言語表現が生起してくる究極にして極限の場所である。

そこでは、見られるものが見るものとなり、語られるものが語るものとなる。差異をもっていることと同一であること、笑劇と悲劇、破壊と創造の区別がつけられなくなる。

広場の杭につながれたサルはグラスファイバーの竿で打ち続けられ、公園の噴水は水を噴き上げ続けている。空虚にして充実した場所、そこでそれぞれ三人の登場人物たちは互いを模倣し合い、互いを反復し合うことで未知なるものへと変貌を遂げてゆく。

滑稽にして残酷、不毛にして豊穣な文学空間、具体と抽象、野生と人為が入り混じるどこにもない場所が、明晰にして透明なフィクションの言葉のみで紡ぎあげられていく。

(あんどう・れいじ 文芸評論家)

著者プロフィール

由井鮎彦

ユイ・アユヒコ

東京都生まれ。『会えなかった人』で第27回太宰治賞受賞、第9回絲山賞を受賞。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

由井鮎彦
登録
文芸作品
登録

書籍の分類