ホーム > 書籍詳細:昼顔(新潮文庫)

断章が新聞に掲載された当時、轟々たる世論を巻き起こしたほど、退廃的官能に満ち、パリの一社会の放蕩を克明に描き出した傑作。

昼顔(新潮文庫)

ケッセル/著、堀口大學/訳

385円(希望小売価格)

本の仕様

配信開始日:2002/06/07

読み仮名 ヒルガオシンチョウブンコ
発行形態 電子書籍
電子書籍 価格 385円
電子書籍 配信開始日 2002/06/07

ケッセルはスラブ種の血をうけ南米に生れた現フランス文壇の第一人者。「昼顔」は作者三十一歳の作で、両次大戦の中間期、最も幸福な時代といわれた頃のパリを背景とし、仮借ない筆致で、貞淑な女性の娼婦性がもたらすことになった霊肉の惨劇を描破した力作であるが、淫猥、春本に類するとの批評に、作者は「健康体を究めるためには、病体を理解しなければならぬ」と答えている。

昼顔(新潮文庫)

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

新潮社の電子書籍総合サイトでは、電子書籍の最新情報、今後の配信予定、フェア情報などをお届けしています。
新潮社の電子書籍