ホーム > 書籍詳細:コメの話(新潮文庫)

いま、日本のコメが危ない。ひと粒のコメを通して、日本と地球を丹念に考察し、将来への福音を説いた、現代日本への警鐘の書。

コメの話(新潮文庫)

井上ひさし/著

660円(希望小売価格)

本の仕様

配信開始日:2013/11/01

読み仮名 コメノハナシシンチョウブンコ
発行形態 電子書籍
電子書籍 価格 660円
電子書籍 配信開始日 2013/11/01

いま、日本のコメが危ない。水田が危ない。コメづくりは工業じゃない。コメの関税化・自由化に道を開くと、われわれの生活は根本から崩れて、日本の国土も危うくなる。ひと粒のコメを通して、日本と地球を丹念に考察し、世の多数意見がどこでどう間違っているかを懇切に指摘。ではどうすれば良いか、将来への福音を説く。

コメの話(新潮文庫)

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

新潮社の電子書籍総合サイトでは、電子書籍の最新情報、今後の配信予定、フェア情報などをお届けしています。
新潮社の電子書籍