ホーム > 書籍詳細:剣は知っていた(四)(新潮文庫)

舞台を落城した小田原から新興著しい江戸へと移し、さらに雄大なスケールで展開する戦国ロマンの完結編。

剣は知っていた(四)(新潮文庫)

柴田錬三郎/著

385円(希望小売価格)

本の仕様

配信開始日:2007/09/07

読み仮名 ケンハシッテイタ04シンチョウブンコ
発行形態 電子書籍
電子書籍 価格 385円
電子書籍 配信開始日 2007/09/07

剣をとっては天下無双、美貌の眉殿喬之介の、憂愁をたたえながら、怨恨と名利を捨てて人間の真の幸福に生きようとする波乱の半生を、家康の娘鮎姫との清冽な恋をからませて描く絶讃の時代小説の完結編。舞台は落城した小田原から江戸へ移り、さらに雄大なスケールで展開する。乱世を生きる剣客の凄絶な死闘と、烈しく美しい人間性を描いた名作である。

剣は知っていた(四)(新潮文庫)

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

新潮社の電子書籍総合サイトでは、電子書籍の最新情報、今後の配信予定、フェア情報などをお届けしています。
新潮社の電子書籍