ホーム > 書籍詳細:『吾輩は猫である』殺人事件

「猫」の最後に死んだはずが、目覚めたらなぜか上海にいた「吾輩」。そこへ飛び込んだ苦沙弥先生殺害の報、そして犯人はこの街に? 漱石文体を駆使した書下ろし1000枚、純文学をぶっ飛ばす奇想天外の大冒険ミステリー。

『吾輩は猫である』殺人事件

奥泉光/著

853円(希望小売価格)

本の仕様

配信開始日:2009/01/23

読み仮名 ワガハイハネコデアルサツジンジケン
発行形態 電子書籍
電子書籍 価格 853円
電子書籍 配信開始日 2009/01/23

「吾輩は猫である。名前はまだ無い」この一行に、大きな謎が仕組まれていたとは―。上海の街に苦沙弥先生殺害の報せが走り、猫の「吾輩」はじめ、おなじみ寒月、東風、迷亭に三毛子、さらには英国猫のホームズやワトソン、シャム猫の伯爵など、集まった人が、猫が入り乱れ、壮大な野望と謀議が渦を巻く。卓抜な模写文体とロマンで、日本文学の運命を変えた最強のミステリー。

『吾輩は猫である』殺人事件

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

Shincho Live!