近頃、ここまで心が洗われ、読後感が清々しく、同時に自分の仕事や生き方について反省させられ、考えさせられた本もありません。そんな特別の味わいを持った本を紹介させてください。
 
alt_text
うまく表示されない場合はブラウザでご覧ください
#55 新潮社 総合メールマガジン「Mikazuki」2019/12/13
Yukky's COLUMN
alt_text
「ひとり出版社」を起こした著者が綴る 
職業としての出版業
 営業担当役員の伊藤幸人です。

 近頃、ここまで心が洗われ、読後感が清々しく、同時に自分の仕事や生き方について反省させられ、考えさせられた本もありません。そんな特別の味わいを持った本を紹介させてください。

 ひとり出版社「夏葉社(なつはしゃ)」をご存じでしょうか。

 たった一人で、編集も営業も発送も経理も全てをこなして、一年間に3冊ほどの本を刊行している出版社です。バーナード・マラマッドの短編集『レンブラントの帽子』や『親子の時間 庄野潤三小説撰集』など、決して派手ではないものの、確実に読者の支持を集める優れた文芸書を丁寧な本作りで編集刊行して、読書界で静かな注目を浴びています。

 こんな素敵な出版社を一人で起こした島田潤一郎さんが、どういう経緯で出版社を立ち上げ、日々どのような思いで仕事に携わっているかを、自然体の達意の文章で綴ったのが『古くてあたらしい仕事』です。

「反省させられる」と書いたのは、私も同じ出版界に身を置きながら、島田さんのように1冊1冊に深い思いを込めて本を世に送り出してきただろうか、単に売り上げ部数を追うような数値至上主義に陥っていないだろうか、そもそも仕事のやり方について、島田さんのように真摯に謙虚に向き合ってきただろうかという思いに駆られるからです。

 この本では、島田さんのじわっと心に響く言葉に幾つも出会うことができます。

「ぼくは、一対一の手紙のような本をつくりたいと願う。具体的な読者の顔を想像し、よく知る書店員さんひとりひとりを思いながらつくる本。親密で、私信のような本」

「一冊の本が人生を救うというようなことはないかもしれない。(中略)でも、ぼくにはきっと、なにかできることがある。ぼくにしかできないことがある。毎日、そんなことを考えながら、仕事をしていた」

「嘘をつかない。裏切らない。自分だけが得をしようとは考えない。そういう世界で仕事を続けるほうが、ぼくの性に合う」

「ぼくは競争社会からなるべく遠い場所で、自分の仕事に集中したい。けれど、市場を見なければ、どこが未開拓地なのかがわからない。だから、毎日のように本屋さんに行く」

 まさに出版の原点を改めて教えられる思いです。

 出版業に限りません。どんな仕事をしている方も、ネット全盛の時代にあって、「働くとは何か」「生きがいとは何か」を考え直す上で、ぜひこの本を手にとっていただきたいと思います。読むと、不思議に勇気が湧いてくるはずです。

 これが今年最後のコラムになります。

 私たちも出版の志をいま一度見直し、新しい年へと向かっていきたいと思います。

 皆様、どうぞ良い年をお迎えください。
『古くてあたらしい仕事』
島田潤一郎/著
書籍詳細・立ち読みはこちら
ついに、宮部みゆきの小説が電子書籍で読める!!
著者初の傑作短篇集、電子オリジナルで登場!
alt_text
傑作は、いつ読んでも、何度読んでも素晴らしい――。

収録作はあらゆるジャンルを網羅した「サボテンの花」「雪娘」「10年計画」「朽ちてゆくまで」「たった一人」「邪恋」「ばんば憑き」「片葉の芦」「神無月」「地下街の雨」「淋しい狩人」「刑事の財布」の計12篇。

初心者は納得の、ファンには目から鱗な読みどころポイントを押さえた全作品解説付。
『電子書籍限定版 宮部みゆき よりすぐり短篇集』
宮部みゆき/著
詳細はこちらから
妖精の森に迷い込んだ赤ん坊が、サンタさんになるまでの物語。
装幀と挿絵は矢部太郎さん!
alt_text
もうすぐクリスマス! 誰もが知るサンタクロースって、一体どういう人なんだろうと思ったことはありませんか?

オズの魔法使い』の作者として知られるアメリカの作家ボームが、そのサンタさんの少年時代を描いた作品を刊行しました!

小さな赤ん坊が世界中の子どもたちに夢を与えるサンタクロースになるまでを描いた、心温まる児童書です。
矢部さんからコメントが届いています♪
alt_text
『サンタクロース少年の冒険』
ライマン・フランク・ボーム/著、畔柳和代/訳
書籍詳細・立ち読みはこちら
[→]SHINCHOSHA Publishing Co., Ltd.
新潮講座
近刊・新刊一覧へ
ご意見・ご感想 [愛読者ページ]
Image    Image
※メールマガジンの登録・退会はこちらからアクセスし、「情報変更・配信停止」から行ってください。

Copyright(c), 2019 新潮社 無断転載を禁じます。
発行 (株)新潮社
〒162-8711 東京都新宿区矢来町71
新潮社読者係 03-3266-5111

■ご注文について■
※ご注文はなるべくお近くの書店にお願いいたします。
※直接小社にご注文の場合は、小社・読者係へお願いいたします。
TEL/0120-468-465(月~金 午前10時~午後4時)
FAX/0120-493-746(24時間 年中無休)
※発送費は、一回のご注文につき210円です。
なお定価合計が5000円以上の場合、発送費は無料です。