ホーム > News Headlines > 取材歴25年・田村明子が語る、フィギュアスケートの取材と選手たち  〜『挑戦者たち 男子フィギュアスケート平昌五輪を超えて』刊行記念〜

イベント/書店情報終了しました

取材歴25年・田村明子が語る、フィギュアスケートの取材と選手たち

取材歴25年・田村明子が語る、フィギュアスケートの取材と選手たち  〜『挑戦者たち 男子フィギュアスケート平昌五輪を超えて』刊行記念〜

 羽生結弦による五輪連覇、宇野昌磨との金銀メダル独占と、歴史的快挙に湧いた平昌五輪の男子フィギュアスケート。
「取材を始めた25年前は、日本人選手がこれほど輝かしい結果をもたらす未来など、想像すらできませんでした。今回ほどの劇的な場面は、もしかすると私たちが生きているあいだ、二度と立ち会えないものかもしれません」
 決戦から一夜明け、感慨無量といった様子でこう語ったのは、長年に亘りフィギュアスケートを取材してきたジャーナリスト・田村明子さん。
 田村さんは、長野五輪以降すべての冬季五輪を現地取材し、海外の選手やスケート関係者からも信頼が厚く、現在は国際試合の会見通訳も務めておられます。このたび上梓された『挑戦者たち』では、羽生選手に多大な影響を与えたエフゲニー・プルシェンコや都築章一郎、66年前に五輪連覇したディック・バトンらに単独インタビューを敢行。王者・羽生結弦に引き継がれたものや、託された熱い想いを明かしています。
 また、パトリック・チャンやハビエル・フェルナンデス、ネイサン・チェンなど、羽生・宇野選手と共に平昌に挑んだ選手たちとの対話も収録。国境や世代を超えたフィギュアスケートの現在地を浮かび上がらせています。
 このトークイベントでは、本では紹介できなかったエピソードに加え、日本フィギュア黎明期からの取材秘話もお話しいただきます。NY在住の田村さんのお話しを聞ける貴重な機会です。皆さんと一緒に、フィギュアスケートの様々な感動を振り返りつつ、平昌五輪に続く未来についても見つめていきたいと思います。ご参加をお待ちしています!

開催日時 2018年6月4日(月) 19:00〜20:30(受付開始18:30)
会場 la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko  東京都新宿区矢来町67
(東京メトロ東西線神楽坂駅矢来口出てすぐ)
問い合わせ先 新潮社ラカグ室
fax:03-3266-7185 E-mail:sokoinfo@shinchosha.co.jp
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 〈チケット〉
■2,000円/自由席
■1,800円/自由席(神楽坂ブック倶楽部会員限定)

※チケット購入時に、田村明子さんへの質問を受け付けております。フィギュアスケートの取材について、選手についてなど質問がある方はお寄せください。また時間の都合上、全ての相談に応えられない場合がございますこと、予めご了承ください。
※トーク終了後、田村明子さんの『挑戦者たち 男子フィギュアスケート平昌五輪を超えて』のサイン会を行います。書籍は会場でも販売いたします。なお、時間の都合上、サインは1人1冊とさせていただきます。予めご了承ください。
※ご購入いただいたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。
※開場は開演の30分前です。

書籍紹介