ホーム > News Headlines > 文字とからだの密かな関係――AR(拡張現実)としての『論語』安田登 × 山本貴光 トークイベント

イベント/書店情報終了しました

文字とからだの密かな関係――AR(拡張現実)としての『論語』
安田登 × 山本貴光 トークイベント

文字とからだの密かな関係――AR(拡張現実)としての『論語』安田登 × 山本貴光 トークイベント

開催日時 2018年8月5日 (日) 14:00~15:30(開場13:30)
会場 青山ブックセンター本店
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-53-67
コスモス青山ガーデンフロア (B2F)
問い合わせ先 青山ブックセンター 本店
Tel.03-5485-5511(受付時間10:00~22:00)
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 ■料金:1,350円(税込)
■定員:110名様

著者紹介

安田登ヤスダ・ノボル

1956(昭和31)年、千葉県銚子生れ。下掛宝生流能楽師。能のメソッドを使った作品の創作、演出、出演も行う。また、日本と中国の古典に描かれた“身体性”を読み直す試みも長年継続している。著書に『異界を旅する能』『身体感覚で「芭蕉」を読みなおす。』『能―650年続いた仕掛けとは』他多数。

山本貴光ヤマモト・タカミツ

1971年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業。文筆家、ゲーム作家。「哲学の劇場」主宰。著書に『文体の科学』『「百学連環」を読む』『文学問題(F+f)+』、共著に『脳がわかれば心がわかるか』(吉川浩満と)『高校生のためのゲームで考える人工知能』(三宅陽一郎と)、訳書にサレン、ジマーマン『ルールズ・オブ・プレイ』、メアリー・セットガスト『先史学者プラトン』(吉川浩満と共訳)など。

書籍紹介