映像化

映画「泣くな赤鬼」公開記念! 
エッセイ&読書感想文コンクール

「忘れがたい生徒の思い出」【教職員向けエッセイコンクール】
「重松清『せんせい。』を読んで」【生徒向け読書感想文コンクール】
主催:新潮社

 思いがけない再会から、彼らの時間ときがふたたび動き出す――
 10年ぶりに再会した野球部監督と、かつての生徒。重松清史上最も泣ける、せんせいと生徒の感動の物語「泣くな赤鬼」(新潮文庫『せんせい。』所収)の映画化を記念して、“教師”と“生徒”の皆さまを対象としたエッセイ&読書感想文コンクールを実施します。

応募要項

募集内容 (1)「忘れがたい生徒の思い出」……教職員の皆さまが忘れがたい「生徒との思い出」をお寄せください。しんみりする話、大爆笑エピソード、「あの時の生徒よ、ごめん!」赤面の失敗談、今だから言える生徒と私の「秘密」……などなど、生徒をめぐる思い出なら、どんなテーマでも結構です。
(2)「重松清『せんせい。』を読んで」……中学生・高校生が対象です。映画原作の「泣くな赤鬼」をふくむ『せんせい。』(新潮文庫)所収の短編6編のいずれかを選び、読書感想文をお寄せください。
*いずれも、1200字(原稿用紙の場合400字詰×3枚)以内で、ご応募ください。
応募方法 (A)メールでの応募……新潮社が進める読書運動「ワタシの一行」の公式アドレス
ichigyo@shinchosha.co.jp」からご応募ください。
(B)郵送の場合……〒162-8711 東京都新宿区矢来町71 新潮社宣伝部「泣くな赤鬼」係宛
*いずれの場合も、賞品の発送などのために必要ですので、応募される方の「氏名」「所属(学校名、生徒の場合は学年も)」「住所」「電話番号(昼間に連絡のつく携帯電話など)」「メールアドレス」(読書感想文の場合は「選んだ短編名」も)を明記してください。
*学校やクラス単位で郵送で応募される場合は、封筒などに学校名・連絡先・担当の先生のお名前を明記の上、個々の読書感想文には学校名・学年クラス・生徒氏名をご記入ください。
応募締切 2019年6月14日(当日消印有効) *送料は応募される方のご負担となります。
受賞者発表 2019年6月中~下旬、新潮社公式サイトにて発表します。その際、受賞者の「お住まいの都道府県名」と「フルネーム」を発表させていただきます。
賞品 (1)(2)それぞれ、重松清賞(大賞)1名に「新潮文庫特製図書カード5000円分と映画ペア鑑賞券および著者サイン入り重松清氏新刊」、優秀賞3名に「図書カード3000円分と映画ペア鑑賞券および著者サイン入り重松清氏新刊」、佳作10名に「映画ペア鑑賞券」を贈呈します。
その他の特記事項 *個人情報は厳正に管理し、今回のエッセイ&読書感想文コンクール以外の目的には使用いたしません。
*『せんせい。』および映画「泣くな赤鬼」の宣伝プロモーションのために、応募作品の全部または一部を主催者が応募者の許諾なく使用することがあります。また、郵送された応募作品は、ご返却できません。予めご了承ください。

関連リンク

著者紹介

重松清シゲマツ・キヨシ

1963(昭和38)年、岡山県生れ。出版社勤務を経て執筆活動に入る。1991(平成3)年『ビフォア・ラン』でデビュー。1999年『ナイフ』で坪田譲治文学賞、同年『エイジ』で山本周五郎賞を受賞。2001年『ビタミンF』で直木賞、2010年『十字架』で吉川英治文学賞、2014年『ゼツメツ少年』で毎日出版文化賞を受賞。現代の家族を描くことを大きなテーマとし、話題作を次々に発表している。著書は他に、『流星ワゴン』『疾走』『その日のまえに』『きみの友だち』『カシオペアの丘で』『青い鳥』『くちぶえ番長』『せんせい。』『とんび』『ステップ』『かあちゃん』『ポニーテール』『また次の春へ』『赤ヘル1975』『一人っ子同盟』『どんまい』『木曜日の子ども』など多数。

書籍紹介