ホーム > News Headlines > デビュー30周年「北村薫」の声を聴く ~トーク&自選短篇朗読会~ ゲスト・穂村弘 9月発売「記念本」刊行プレイベント

イベント/書店情報終了しました

デビュー30周年「北村薫」の声を聴く
~トーク&自選短篇朗読会~
ゲスト・穂村弘

デビュー30周年「北村薫」の声を聴く ~トーク&自選短篇朗読会~ ゲスト・穂村弘 9月発売「記念本」刊行プレイベント

令和元年となった2019年は、作家・北村薫さんが「空飛ぶ馬」でデビューして30年の記念イヤーです。
秋には記念本の刊行を予定していますが、その前に、親交の深い歌人・穂村弘さんをお迎えし、記念イベントを開催することになりました!
穂村さんにお好きな北村さんの作品をお選びいただいたり、北村さんのデビューからの軌跡をたどりながら、お二人に自由にお話しいただきます。また、穂村さんが17年ぶりに出された歌集について、北村さんのご感想などもお聞かせいただきます。
さらに、数多い自作短篇の中から北村さんご自身が選んだベスト12(どの作品を選ばれたかは、記念本を見てのお楽しみ!)のうち、何篇かを朗読していただきます。穂村さんも、自作短歌を朗読してくださるかも!?
この日限りの特別な一夜をお愉しみください。

開催日時 2019年6月18日(火) 19:00〜20:30(受付開始18:30)
会場 「AKOMEYA TOKYO in la kagu」2F レクチャースペースsoko
東京都新宿区矢来町67(東京メトロ東西線神楽坂駅矢来口出てすぐ)
問い合わせ先 新潮社ラカグ室
fax:03-3266-7185 E-mail:sokoinfo@shinchosha.co.jp
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 〈チケット〉
■2,000円/自由席
■1,800円/自由席(神楽坂ブック倶楽部会員限定)

※トーク終了後、会場で北村さん、穂村さんの作品をご購入いただいた方を対象にお二人のサイン会を開催いたします。サインは1著者につきお1人さま1冊とさせていただきます。何卒ご了承ください。
※ご購入いただいたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。
※開場は開演の30分前です。

関連リンク

著者紹介

北村薫キタムラ・カオル

1949年、埼玉県生まれ。早稲田大学ではミステリ・クラブに所属。母校埼玉県立春日部高校で国語を教えるかたわら、1989年、「覆面作家」として『空飛ぶ馬』でデビュー。1991年『夜の蝉』で日本推理作家協会賞を受賞。小説に『秋の花』『六の宮の姫君』『朝霧』『スキップ』『ターン』『リセット』『盤上の敵』『ニッポン硬貨の謎』(本格ミステリ大賞評論・研究部門受賞)『月の砂漠をさばさばと』『ひとがた流し』『鷺と雪』(直木三十五賞受賞)『語り女たち』『1950年のバックトス』『いとま申して』三部作『飲めば都』『八月の六日間』『太宰治の辞書』『ヴェネツィア便り』『遠い唇』『中野のお父さん』『中野のお父さんは謎を解くか』などがある。読書家として知られ、『詩歌の待ち伏せ』『謎物語』『うた合わせ 北村薫の百人一首』など評論やエッセイ、『名短篇、ここにあり』『名短篇、さらにあり』『とっておき名短篇』『名短篇ほりだしもの』(宮部みゆきさんとともに選)などのアンソロジー、新潮選書『北村薫の創作表現講義』、新潮新書『自分だけの一冊――北村薫のアンソロジー教室』など創作や編集についての著書もある。2016年、日本ミステリー文学大賞受賞。2019年、作家生活三十周年を迎えた。

穂村弘ホムラ・ヒロシ

歌人。1962年札幌市生まれ。1985年より短歌の創作を始める。2008年『短歌の友人』で伊藤整文学賞、「楽しい一日」で短歌研究賞を受賞。2017年『鳥肌が』で講談社エッセイ賞を受賞。歌集『シンジケート』『ドライ ドライ アイス』『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』『ラインマーカーズ』、詩集『求愛瞳孔反射』、エッセイ集『世界音痴』『にょっ記』『絶叫委員会』『世界中が夕焼け―穂村弘の短歌の秘密―』(山田航との共著)『野良猫を尊敬した日』、近著に『きっとあの人は眠っているんだよ』『これから泳ぎにいきませんか』。他に対談集、短歌入門書、評論、絵本、翻訳など著書多数。歌集『水中翼船炎上中』を近刊予定。