ホーム > News Headlines > 「自由学園」の夏の和菓子&クッキーを楽しむ会 〜『自由学園の「お食後」: 98年を超えて生徒たちが受け継ぐ伝統のお菓子』刊行記念イベント〜

イベント/書店情報終了しました

「自由学園」の夏の和菓子&クッキーを楽しむ会

「自由学園」の夏の和菓子&クッキーを楽しむ会 〜『自由学園の「お食後」: 98年を超えて生徒たちが受け継ぐ伝統のお菓子』刊行記念イベント〜

1921年の創立以来、毎日の昼食を生徒たちが作っている学校・自由学園。中学1年から高校3年の女子部の生徒たちが当番制で、100年近く受け継がれてきた伝統の味を作っています。
2017年に刊行された『自由学園 最高の「お食事」』では、「シェパーズパイ」、「チキンピラフのホワイトソースがけ」、「味噌スープ」など、自由学園ならではの秘伝レシピが初めて公開され、様々なメディアに取り上げられるなど、たいへんな反響がありました。
そしてこの夏、レシピ本第2弾『自由学園の「お食後」』が刊行されます! 自由学園で週に1度作られている洋菓子や和菓子の「お食後」のレシピを紹介しています。

この刊行記念イベントでは、夏にぴったりで、ご家庭でも作りやすい「水ようかん」と「キウイかん」、そして自由学園の遠足の定番だった「ロックケーキ」の作り方を教えていただきます。2種類の和菓子はその場でご試食いただき、ロックケーキはお土産としてお渡しいたします。
教えてくださるのは、自由学園のご出身であり、数多くのレシピ本を出されている足立洋子さんと、ご自身でカフェを営まれている菊川知子さん。プロによる分かりやすいレッスンと、自由学園ならでは伝統の味をお楽しみください! 人数が限られたイベントになりますので、お早目にお申し込みください。

〈講師プロフィール〉
■足立洋子(あだち・ひろこ)
1951年、北海道函館市まれ。自由学園女子最高学部卒業。会員数2万人の「全国友の会」において30年以上、小学生や新米ミセスにむけた料理教室、講習の講師をつとめる。NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。著書『かんたん が おいしい!』『やっぱり かんたん が おいしい!』シリーズは13万部を超えた。2017年に発売された『自由学園 最高の「お食事」』の著者である料理ユニットJIYU5074Laboのメンバー。2019年8月8日に第2弾『自由学園の「お食後』が発売される。
■菊川知子(きくかわ・ともこ)
1975年、東京都生まれ。自由学園女子部高等科修了、調理師学校、製菓学校に通い、洋菓子店などで働いた後にドイツへ。パンやドイツ菓子を4年ほど働きながら学び帰国。2011年、東京都文京区茗荷谷にカフェ「KNETEN」をオープン。オーガニック、国産、フェアトレードされた商品など素材にこだわった、手作りのお菓子を扱っている。

開催日時 2019年8月28日(水)13:00〜14:30(開場 12:45)
会場 AKOMEYA TOKYO in la kagu 2F レクチャースペースsoko
東京都新宿区矢来町67(東京メトロ東西線神楽坂駅矢来口出てすぐ)
問い合わせ先 新潮社ラカグ室
fax:03-3266-7185 E-mail:sokoinfo@shinchosha.co.jp
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 ■チケット:1,620円(ご試食&お土産つき、税込)

※イベントで提供するお菓子は、当日ご参加いただいた方にその場でお召し上がりいただきます。お持ち帰りのご用意や、欠席される方へのお渡しはできませんので予めご了承ください。
※購入されたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。
※開場は開演の15分前になります。
※チケット販売ページの写真はイメージです。

関連リンク