ホーム > News Headlines > 高崎順子×駒崎弘樹「ここを変えよう! ちょっとズレてる日本の子育て、保育政策」 『フランスはどう少子化を克服したか』(高崎順子著)刊行記念特別対談

イベント/書店情報終了しました

『フランスはどう少子化を克服したか』刊行記念特別対談 高崎順子×駒崎弘樹「ここを変えよう! ちょっとズレてる日本の子育て、保育政策」

『フランスはどう少子化を克服したか』の刊行を記念して高崎順子さん×駒崎弘樹さんの特別対談を開催します。

高崎順子×駒崎弘樹「ここを変えよう! ちょっとズレてる日本の子育て、保育政策」 『フランスはどう少子化を克服したか』(高崎順子著)刊行記念特別対談

 少子化に悩む先進国から、子育て大国へ。フランスが大転換した理由は、子育て政策を貫く5つの新発想にありました。「2週間で男を父親にする」「出産は無痛で」「保育園には連絡帳も運動会も要らない」「母親アシスタントという味方」「3歳からは学校へ」——。

 現地の実情と本音を『フランスはどう少子化を克服したか』(新潮新書10月15日発売)にまとめたパリ在住のライター・高崎順子さん(2児の子育て中)が、NPO法人フローレンス代表理事・駒崎弘樹さんを迎えて、とことん語り合います。

 駒崎さんは、育児・保育の現場から制度までをよく知る第一人者。日本初の「共済型・訪問型」病児保育、障害児保育サービスなどを次々に立ち上げ、いま困っている子育て世代を救う一方で、待機児童問題、少子化問題、働き方改革など、大枠の国家政策を改善するために日々意見発信をしています。

その駒崎さんがフランスの実情に触れて考えた、私たち日本人が学べることとは? 時間に追われ、ストレスの溜まりがちな子育て世代がすぐ実行できる方策は? じつは日本流がスゴかったという点は? これから時間をかけても実現したいことは? 

また、高崎さんから駒崎さんへ、日本の保育に対し、素朴な疑問もぶつけていただきます。じつはフランスの保育園は「手ぶら」で通える代わり、入園式も運動会も「毎日のお散歩」もないのだとか。日本の手厚い保育との違いとは?

 初顔合わせとなる対談ながら、おふたりの真剣トークが炸裂、子育て真っ最中の方から少子化問題に関心がある方まで、聞けば大きな気づきがある貴重な時間にどうぞご参加ください。本イベントではチケット購入時におふたりへの質問を募り、対談後に会場とのトーク時間を設ける予定です。

開催日時 2016年10月26日(水) 19:00〜20:30(受付開始18:30)
会場 la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko  東京都新宿区矢来町67
(東京メトロ東西線神楽坂駅矢来口出てすぐ)
問い合わせ先 新潮社ラカグ室
fax:03-3266-7185 E-mail:sokoinfo@shinchosha.co.jp
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 *トーク終了後に高崎順子さん『フランスはどう少子化を克服したか』、駒崎弘樹さん『世界一子どもを育てやすい国にしよう』のサイン会を行います。書籍は会場でも販売いたします。

*登壇者に質問のある方は、チケット購入時のフォームにご記入ください。なお、時間の都合上、すべての質問にはお答えできないことをご了承ください。

著者紹介

高崎順子タカサキ・ジュンコ

1974(昭和49)年東京都生まれ。東京大学文学部卒業後、出版社に勤務。2000年渡仏し、パリ第四大学ソルボンヌ等で仏語を学ぶ。ライターとしてフランス文化に関する取材・執筆の他、各種コーディネートに携わる。著書に『パリ生まれ プップおばさんの料理帖』(共著)等。

書籍紹介