ホーム > News Headlines > 中村義洋×濱田岳『決算!忠臣蔵』小説刊行&映画公開記念トークイベント 〜映画界のヒットメーカーと人気俳優。盟友二人が語る、新しい「忠臣蔵」の魅力――〜

イベント/書店情報終了しました

中村義洋×濱田岳
『決算!忠臣蔵』
小説刊行&映画公開記念トークイベント

中村義洋×濱田岳『決算!忠臣蔵』小説刊行&映画公開記念トークイベント 〜映画界のヒットメーカーと人気俳優。盟友二人が語る、新しい「忠臣蔵」の魅力――〜

 時は元禄。切腹を命じられた主君・浅野内匠頭の敵を討つため、残された家臣たちは決死の覚悟で宿敵・吉良上野介の首を狙う! 
 ――数えきれないほどの小説や映画で取り上げられてきた「忠臣蔵」物語を、討ち入りに必要な“お金事情”という斬新な視点から描いた映画『決算!忠臣蔵』(11月22日全国ロードショー)。その公開に先立ち、中村義洋監督が、映画には入りきらなかったエピソードも交えつつ、同名小説を刊行されました。
 ラカグでは、映画公開記念&小説刊行記念として、中村監督と、中村作品をはじめ数多くの映画やドラマで活躍されている俳優・濱田岳さんによるトークイベントを開催いたします! 濱田さんは、映画『決算!忠臣蔵』では赤穂の浪人の一人、大高源吾を演じています。
 撮影現場でのエピソードはもちろん、お二人による映画や小説の見どころ&読みどころの紹介、そして小説執筆と映画づくりの違いなど、たっぷりとお話しいただきます。これまであまり知られてこなかった「忠臣蔵」の面白さを味わえます。ぜひお越しください。

〈プロフィール〉
■中村義洋(なかむら・よしひろ)
1970年、茨城県出身。映画監督、脚本家。成城大学文芸学部芸術学科卒業。主な監督作品に『アヒルと鴨のコインロッカー』『チーム・バチスタの栄光』『フィッシュストーリー』『ジェネラル・ルージュの凱旋』『ゴールデンスランバー』『残穢―住んではいけない部屋―』『殿、利息でござる!』『忍びの国』など。

■濱田岳(はまだ・がく)
1988年、東京都出身。1998年、ドラマ『ひとりぼっちの君に』でデビュー。2006年、『青いうた』で映画初主演。中村義洋監督作品には『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』『ゴールデンスランバー』『みなさん、さようなら』『予告犯』など多数出演している。

開催日時 2019年11月14日(木)19:00~20:30(開場 18:30)
会場 AKOMEYA TOKYO in la kagu 2F レクチャースペースsoko
東京都新宿区矢来町67(東京メトロ東西線神楽坂駅矢来口出てすぐ)
問い合わせ先 新潮社ラカグ室
fax:03-3266-7185 E-mail:sokoinfo@shinchosha.co.jp
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 〈チケット〉
■2,000円/自由席

※トーク終了後、『決算!忠臣蔵』(新潮文庫)を対象に、中村義洋さんのサイン会を行います。書籍は会場でも販売いたします。サインはお1人様1冊とさせていただきます。なお、濱田岳さんのサイン会はございません。
※ご購入いただいたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。
※開場は開演の30分前です。

関連リンク

書籍紹介