ホーム > News Headlines > 『生きるための辞書』刊行記念 北方謙三さんサイン会

イベント/書店情報

『生きるための辞書』刊行記念
北方謙三さんサイン会

※諸事情によりイベントは中止となりました。

『生きるための辞書』刊行記念 北方謙三さんサイン会

開催日時 2020年2月29日(土)15:00〜
会場 八重洲ブックセンター 京急百貨店上大岡店
問い合わせ先 ■八重洲ブックセンター営業部
Tel.03-3281-6205

著者紹介

北方謙三キタカタ・ケンゾウ

1947(昭和22)年、佐賀県生れ。中央大学卒業後、1970年に『明るい街へ』でデビュー。1981年の『弔鐘はるかなり』で脚光を浴び、1983年『眠りなき夜』で日本冒険小説協会大賞、吉川英治文学新人賞受賞。1984年に『檻』で日本冒険小説協会大賞、1985年『渇きの街』で日本推理作家協会賞を受賞。平成元年から歴史小説にも挑み、1991年『破軍の星』で柴田錬三郎賞受賞。2006年、『水滸伝』全19巻で司馬遼太郎賞を受賞。2007年、『独り群せず』で舟橋聖一文学賞を受賞。2010年、日本ミステリー文学大賞受賞。2011年、『楊令伝』全15巻で毎日出版文化賞を受賞。2013年、紫綬褒章受章。2016年、「大水滸伝」シリーズ全51巻で菊池寛賞を受賞する。2020年2月現在、壮大なスケールでチンギス・カンの生涯を描く『チンギス紀』を連載中。

書籍紹介