お知らせ

畠中恵『いちねんかん』
サイン本限定予約販売!

予約販売は終了しました

Image
畠中恵『いちねんかん』(2020年7月17日発売)

病弱若だんなの跡取り修業が、始まるってぇ!?
大人気「しゃばけ」シリーズ最新刊!!

江戸の大店長崎屋の主夫妻が旅に出かけ、父から店を託された若だんなは大張りきり。 しかし、盗人に狙われたり、奉公人となった妖が騒ぎを起こしたり、 相変わらずのてんやわんや。 おまけに江戸に疫病が大流行!? 長崎屋に疫病神と疫鬼が押しかけてくるし、 若だんなは無事に長崎屋と皆を守れるの~?

サイン本限定予約販売!

【ご注意事項】
・ご注文が上限数に達した時点でご予約受付は終了します。
・お届けは発売日以降になります。
*予約販売は終了しました。

著者紹介

畠中恵ハタケナカ・メグミ

高知生まれ、名古屋育ち。名古屋造形芸術短期大学ビジュアルデザインコース・イラスト科卒。2001年『しゃばけ』で第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。ほかに『ぬしさまへ』『ねこのばば』『おまけのこ』『うそうそ』『ちんぷんかん』『いっちばん』『ころころろ』『ゆんでめて』『やなりいなり』『ひなこまち』『たぶんねこ』『すえずえ』『なりたい』、ビジュアルストーリーブック『みぃつけた』(以上『しゃばけ』シリーズ、新潮社)、『ちょちょら』『けさくしゃ』(新潮社)、『明治・金色キタン』(朝日新聞出版)、『若様とロマン』(講談社)、『猫君』(集英社)、『あしたの華姫』(KADOKAWA)、『いわいごと』(文藝春秋)、エッセイ集『つくも神さん、お茶ください』(新潮社)などの著作がある。

書籍紹介