ホーム > News Headlines > 2020年の推し本はコレ! 目利き書店員が本音で語る、愛と辛口にあふれた選評会!

イベント/書店情報終了しました

2020年の推し本はコレ!
目利き書店員が本音で語る、
愛と辛口にあふれた選評会!

2020年の推し本はコレ! 目利き書店員が本音で語る、愛と辛口にあふれた選評会!

東京オリンピックがあるはずだった2020年。そして、コロナによってあまりに多くのことが変わった2020年・・・人類の歴史に刻まれることになるだろう1年も、残すところあとわずかとなりました。
刊行が延期や中止になったり、書店が一時期休業になったり、イベントができなくなったりと、本をとりまく環境も大きく変わりましたが、一昨年去年と大好評だったこのイベントは、今年もやっぱり開催します!
本読みのプロである有名書店員4名をお招きし、その年に刊行された本について縦横無尽に語っていただく本イベント。とにかくお薦め本をたくさんの人に読んでもらいたい!という書店員の情熱と、ぜひやって欲しいという本好きの皆さまの要望に応えて開催する運びとなりました。
過去には「良いもイマイチも含め、とことん本音でお話しいただきます」とあった案内文の通り、書店員の熱き想いや会場限定のきわどい話が飛び交いました。また、お薦め本に選定された本が本屋大賞を受賞したりベストセラーになるなど、書店員の選書センスもひかっています。
2020年の締めくくりに、そして2021年の幕開けにすてきな本に出会いたい方、必聴です!

《出演書店員プロフィール》
■新井見枝香(あらい・みえか)
1980年生まれ、東京都出身。HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGEに勤める。作家とのトークイベント「新井ナイト」や、独自の文学賞「新井賞」を設立。最新著書は『この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ』。

■内田俊明(うちだ・としあき)
1969年生まれ、島根県奥出雲町出身。1991年から八重洲ブックセンターに勤務。現在は営業部でイベントを担当。20世紀の映画が好き。

■竹田勇生(たけだ・ゆうき)
1980年生まれ、兵庫県川西市出身。2020年5月紀伊國屋書店西武渋谷店より異動し、現在は新宿本店第二課に勤務。新宿南店勤務時から文芸書担当を務め、その書評や帯コメントには定評がある。独自の熱いメッセージを込めた手描きパネルで、今日も売場を賑わせている。

■花田菜々子(はなだ・ななこ)
1979年生まれ、東京都出身。HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE店長。著書に『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』『シングルファーザーの年下彼氏の子ども2人と格闘しまくって考えた「家族とは何なのか問題」のこと』。

開催日時 2020年12月2日(水)19:00~20:00
会場 新潮社 別館(オンライン配信もあり)
問い合わせ先 新潮社文化事業室
fax:03-3266-7185 E-mail:sokoinfo@shinchosha.co.jp
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 *このイベントは会場参加およびオンライン参加をしていただけます。詳細は上記URLのページをご覧ください。
*ご購入いただいたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。