ホーム > News Headlines > THINK&TALK STILL 「危機」の時代を生きる指針【出演】森田真生 × 藤原辰史

イベント/書店情報終了しました

THINK&TALK STILL
「危機」の時代を生きる指針
森田真生 × 藤原辰史

THINK&TALK STILL 「危機」の時代を生きる指針【出演】森田真生 × 藤原辰史

開催日時 2021年5月6日(木)19:00-21:00(開場18:45予定)
※途中10分程度の休憩を挟みます。
21:00からは質問を受け付け、可能な限りお二人にお答えいただきます。
会場 「Zoom」ウェビナーによるオンライン配信イベント
問い合わせ先 イベントの開催についてご不明な点がございましたら、
こちら[lab@choreographlife.jp]まで。担当:鎌田
URL 詳細はこちらをご覧ください
備考 【参加費】5000円(税込)

【お申し込み方法】
当イベントは「Zoom」ウェビナーによるオンライン配信イベントです。
ご参加ご希望の方は下記URLよりオンラインチケットのご購入をお願いいたします。ご購入をもってご予約は完了いたします。なお、アーカイブ配信の予定はございません。

オンラインチケットご購入ページ↓
https://tuning-bookstore.com/items/6076de16a87fc527fcba2a3b

著者紹介

森田真生モリタ・マサオ

1985(昭和60)年東京都生れ。独立研究者。京都に拠点を構えて研究・執筆のかたわら、国内外で「数学の演奏会」「数学ブックトーク」などのライブ活動を行っている。2015(平成27)年、初の著書『数学する身体』で、小林秀雄賞を最年少で受賞。他の著書に『数学の贈り物』、絵本『アリになった数学者』、編著に岡潔著『数学する人生』がある。

藤原辰史フジハラ・タツシ

1976年生まれ、2002年、京都大学人間・環境学研究科中途退学、同年、京都大学人文科学研究所助手、東京大学農学生命科学研究科講師を経て、2021年4月現在、京都大学人文科学研究所准教授。主な著作に『ナチスのキッチン』(共和国、河合隼雄学芸賞)、『分解の哲学』(青土社、サントリー学芸賞)、『縁食論』(ミシマ社)、『農の原理の史的研究』(創元社)など。

書籍紹介