お知らせ

創作の熱を描き、第22回中山義秀文学賞受賞!

〈ところで、言い忘れたことがひとつだけある。傑作です。〉
 2016年本誌4月号で葉室麟さんがこう評した朝井まかてさんの『』が、日本の歴史を素材とした最も優れた文学作品に与えられる第22回中山義秀文学賞を受賞しました。
 葛飾北斎の娘で自らも絵師であった葛飾応為を描いたこの作品、選考委員から「偉大な父親の背中を追い、西洋画の遠近法や光と影の描写にも果敢に挑戦しておのれの道を突き進む懸命さ、葛藤と苦悩に真正面から取り組んだ姿勢がいい」と高く評価され、すでに7刷まで版を重ねています。
 朝井さんは美術館で本書のカバー装画でもある応為作「吉原格子先之図」を見て、浮世絵離れしたモダンな表現方法と美しさに息を呑み、その場で彼女を描くことを決意したと言います。完全な一目惚れでしたが、どうやら応為の方も朝井さんを見初めたよう。「わたしだけの表現をする、わたし自身になりたい」と願って画業一途の生涯を送る女絵師の姿が、朝井さんのそれとぴたり重なるのです。
 日常から離れた年末年始のひととき、相思相愛ふたりの創作者が放つ甘美な熱に触れ、思うさま「くらっ」としてみませんか?

波 2017年1月号「新潮社の新刊案内」より

著者紹介

朝井まかてアサイ・マカテ

1959年大阪府生れ。2008年小説現代長編新人賞奨励賞を受賞して作家デビュー。2013年に発表した『恋歌』で本屋が選ぶ時代小説大賞を、2014年に直木賞を受賞。ほか、同年『阿蘭陀西鶴』で織田作之助賞、2015年『すかたん』で大阪ほんま本大賞、2016年『眩』で中山義秀文学賞、17年『福袋』で舟橋聖一文学賞、2018年『雲上雲下』で中央公論文芸賞、『悪玉伝』で司馬遼太郎賞、19年に大阪文化賞(個人に贈呈)をそれぞれ受賞。その他の著書に『ぬけまいる』『残り者』『落陽』『最悪の将軍』『銀の猫』『草々不一』『落花狼藉』『グッドバイ』などがある。

書籍紹介

雑誌紹介