ホーム > News Headlines > 岸政彦×柴崎友香「街の声、作家の耳」

イベント/書店情報終了しました

岸政彦×柴崎友香「街の声、作家の耳」

岸政彦×柴崎友香「街の声、作家の耳」

『ビニール傘』(岸政彦著)刊行記念トーク

岸政彦×柴崎友香「街の声、作家の耳」

 社会学者を本業としながら、初の小説「ビニール傘」が第156回芥川賞候補にノミネートされ、話題を呼んだ岸政彦さん。大阪に暮らす名もなき人々の〈剥き出しの生〉を捉えた同作は、第2作「背中の月」と併せて単行本化され、多くの読者の支持を集めています。
 今回のイベントでは、「新潮」3月号に大阪出身者ならではの視点から書評をお書きくださった作家の柴崎友香さんをお迎えし、他者の声に耳を傾けることや、小説で街の姿を描くことについて、存分に語り合っていただきます。

 この貴重な初対談をお見逃しなく!

開催日時 2017年3月27日(月)19:00〜20:30(受付開始18:30)
会場 la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko  東京都新宿区矢来町67
(東京メトロ東西線神楽坂駅矢来口出てすぐ)
問い合わせ先 新潮社ラカグ室
fax:03-3266-7185 E-mail:sokoinfo@shinchosha.co.jp
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 ■チケット:2,000円(自由席)
※トーク終了後に、岸政彦さんの『ビニール傘』、柴崎友香さんのご著書へのサイン会を行う予定です。書籍は会場でも販売いたします。なお時間の都合上、サインはお一人様につき1冊とさせていただきます。予めご了承ください。

※ご購入いただいたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。

※開場は開演の30分前です。

著者紹介

岸政彦キシ・マサヒコ

1967年生まれ。社会学者。著書に『同化と他者化――戦後沖縄の本土就職者たち』『街の人生』『断片的なものの社会学』(紀伊國屋じんぶん大賞2016受賞)『ビニール傘』(第156回芥川賞候補、第30回三島賞候補)『はじめての沖縄』『マンゴーと手榴弾――生活史の理論』など。「図書室」が第32回三島賞候補となった。

柴崎友香シバサキ・トモカ

1973年大阪府生まれ。2000年に刊行されたデビュー作『きょうのできごと』が行定勲監督により映画化され話題となる。2007年『その街の今は』で芸術選奨文部科学大臣新人賞、織田作之助賞大賞、咲くやこの花賞、2010年『寝ても覚めても』で野間文芸新人賞、2014年に『春の庭』で芥川賞を受賞。小説作品に『ビリジアン』『パノララ』『わたしがいなかった街で』『週末カミング』『千の扉』、エッセイに『よう知らんけど日記』『よそ見津々』など著書多数。

書籍紹介