ホーム > News Headlines > 多和田葉子×松永美穂「街を歩くと、物語が立ちあがる」

イベント/書店情報終了しました

多和田葉子×松永美穂「街を歩くと、物語が立ちあがる」

多和田葉子×松永美穂「街を歩くと、物語が立ちあがる」

『百年の散歩』(多和田葉子著)刊行記念イベント

多和田葉子×松永美穂「街を歩くと、物語が立ちあがる」

 大学卒業後にドイツ・ハンブルクに渡り、日本語とドイツ語のあいだで創作を続けてきた多和田葉子さんがベルリンに住まいを移したのは2006年のことでした。以来、ベルリンを舞台にした小説を書きたいとずっと構想を温めていたと多和田さんは言います。そうして待望の最新刊『百年の散歩』が生まれました。

 ベルリンに実在する10の通りを舞台に、魅惑の小説体験にいざなう本作をめぐって、多和田さんと、親交が深いドイツ文学者で翻訳者の松永美穂さんのお二人にお話しいただきます。

開催日時 2017年4月6日(木)19:00〜20:30(受付開始18:30)
会場 la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko  東京都新宿区矢来町67
(東京メトロ東西線神楽坂駅矢来口出てすぐ)
問い合わせ先 新潮社ラカグ室
fax:03-3266-7185 E-mail:sokoinfo@shinchosha.co.jp
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 〈チケット〉
■2,000円/自由席
■1,800円/自由席(神楽坂ブック倶楽部会員限定)

※トーク終了後に、多和田葉子さん、松永美穂さんのサイン会を予定しております。書籍は会場でも販売いたします。なお、時間の都合上、サインはお一人様につき1冊とさせていただきます。予めご了承ください。

※ご購入いただいたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。

※開場は開演の30分前です。

著者紹介

多和田葉子タワダ・ヨウコ

1960(昭和35)年、東京生まれ。早稲田大学文学部卒。1982年、ドイツ・ハンブルクヘ。ハンブルク大学大学院修士課程修了。1991(平成3)年『かかとを失くして』で群像新人賞、1993年『犬婿入り』で芥川賞、2000年『ヒナギクのお茶の場合』で泉鏡花賞、2002年『球形時間』でドゥマゴ文学賞、『容疑者の夜行列車』で谷崎潤一郎賞、伊藤整文学賞を受賞。その他の作品に、『海に落とした名前』『尼僧とキューピッドの弓』『雲をつかむ話』などがある。日独二ヶ国語で作品を発表しており、1996年にはドイツ語での作家活動によりシャミッソー文学賞受賞。2018年『献灯使』で全米図書賞(翻訳文学部門)受賞。2006年よりベルリン在住。

松永美穂マツナガ・ミホ

早稲田大学教授。訳書にベルンハルト・シュリンク『朗読者』(毎日出版文化賞特別賞受賞)、ペーター・シュタム『誰もいないホテルで』、ウーヴェ・ティム『ぼくの兄の場合』、ヘルマン・ヘッセ『車輪の下で』ほか多数。著書に『誤解でございます』など。

書籍紹介