ホーム > News Headlines > 石井光太×城戸久枝「あの戦争、引き裂かれた家族」

イベント/書店情報終了しました

石井光太×城戸久枝「あの戦争、引き裂かれた家族」

『浮浪児1945-』『祖国の選択』文庫本刊行記念イベント

石井光太×城戸久枝「あの戦争、引き裂かれた家族」

蝉の鳴き声が聞こえます。あの戦争から72回目の夏がやってきました。遙か日月を経て、気鋭のノンフィクション作家2名が「戦争」をテーマにした文庫本を上梓しました。

1人目は、石井光太さん『浮浪児1945-』。世界の紛争地を長年取材してきましたが、今回は、日本。太平洋戦争によって親を亡くし、家を無くした幼い子供たちが、地べたを這いつくばって生き延びた、その過酷な現実を丹念に描きます。

もう1人は、城戸久枝さん『祖国の選択』。父親が、終戦時に中国残留孤児となりました。父親の過去と向き合ったことをきっかけに、戦争によって理不尽に引き裂かれた家族を追い続けています。

戦争の本当の犠牲者は一体誰なのか。戦争を体験していない同世代の2人の作家が、戦争の取材を進めていく意味について、考えたいと思います。

開催日時 2017年8月23日(水) 19:00〜20:30(受付開始18:30)
会場 la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko  東京都新宿区矢来町67
(東京メトロ東西線神楽坂駅矢来口出てすぐ)
問い合わせ先 新潮社ラカグ室
fax:03-3266-7185 E-mail:sokoinfo@shinchosha.co.jp
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 ■自由席:2,000円
■自由席(神楽坂ブック倶楽部会員限定):1,800円

※トーク終了後に、石井光太さんの『浮浪児1945-』、城戸久枝さんの『祖国の選択』へのサイン会を予定しております。対象書籍は上記作品のみとさせていただきます。書籍は会場でも販売いたいます。また、サインは1著者につきお一人さま1冊とさせていただきます。
※ご購入いただいたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。
※開場は開演の30分前です。

著者紹介

石井光太イシイ・コウタ

1977(昭和52)年、東京生れ。国内外の文化、歴史、医療などをテーマに取材、執筆活動を行っている。ノンフィクション作品に『物乞う仏陀』『神の棄てた裸体』『絶対貧困』『遺体』『浮浪児1945-』『「鬼畜」の家』『43回の殺意』『本当の貧困の話をしよう』など多数。また、『蛍の森』などの小説、『ぼくたちはなぜ、学校へ行くのか。』などの児童書も手掛けている。

城戸久枝キド・ヒサエ

1976(昭和51)年、愛媛県生れ。徳島大学総合科学部卒業。大学在学中の1997(平成9)年から二年間、中国吉林省長春市の吉林大学に国費留学。貿易会社、出版社勤務を経て、ノンフィクションライターに。国交回復前の中国から1970年に自力で日本に帰国した元戦争孤児の父の足跡を追った『あの戦争から遠く離れて』で、大宅壮一ノンフィクション賞、講談社ノンフィクション賞、黒田清JCJ新人賞を受賞。同書は、「遥かなる絆」のタイトルで2009年にNHKでテレビドラマ化された。他の著書に、『祖国の選択』『長春発ビエンチャン行 青春各駅停車』『黒島の女たち』がある。

書籍紹介