@バンチ
『プリニウス』「新潮45」で連載スタート!


『テルマエ・ロマエ』のヤマザキマリさんと『遠くへいきたい』のとり・みきさんがタッグを組んだ新連載『プリニウス』が、2013年12月18日発売の「新潮45」1月号からスタートしました。

 プリニウスは古代ローマの博物学者。著書『博物誌』は、幻想的な怪物から農作物の作り方まで森羅万象を描いた名著で、澁澤龍彦が大ファンだったことでも知られています。プリニウスはあの紀元79年のヴェスヴィオ火山の大噴火を観察して亡くなったことでも有名で、物語はその大噴火から始まります。

 好奇心の赴くまま生きた博物学者の眼から捉えた古代ローマ社会は奇想天外。とり・みきさんが共作者として腕を揮うことにより、SF風味も加わっています。マンガ制作において二人がタッグを組むのは初めてで、「新潮45」という総合月刊誌を発表媒体に選んだことでも話題を呼んでいます。

 古代ローマの「知の巨人」とでも言うべきプリニウスに漫画で挑むのは、もちろん世界でも初めての試みです。
 どのような世界が描かれ、どのような物語が展開されるのか。
 お楽しみに!

2013年12月18日   NEWS / 雑誌連載

PAGE TOP