新潮 くらげバンチ @バンチ

第10巻のカバーは、藝術を愛した皇帝ネロ鎮魂の意もこめて劇場に(モデルはマルケッルス劇場)。奥に見えるは、レバノン杉。周囲には、何やら不穏なモノが蠢いています(ぜひ実物を手に取って確認してみてください)。そして帯に登場するのは、インコです。作中では、「オウムのアケロン」として登場。 皇帝ネロの寵愛を受け、彼の話し相手、唯一気の許せる友と言える存在でしたが...。冠羽のあるものがオウムで、作中登場するアケロンは、冠羽がないので正確にはインコとなります。また、「アケロン」という名前はギリシア神話に出てくる冥府の川、つまり正者と死者の境界を流れる川のことで、さしづめ日本だと「三途の川」でしょうか。このあたりも、第10巻のネロの運命を象徴するネーミングとなっています。

2020年08月28日   NEWS / コミック

『プリニウス』の第10巻が、9月9日(水)に発売されます! 「皇帝ネロのもとに続々と届く、反乱蜂起の報せ。側近の裏切り、過去の因縁がネロを窮地に追い込む。一方、プリニウス一行は、神話の森を抜けて、砂漠の都市・パルミュラへ――」。第1巻での登場から物語を盛り上げてきた皇帝ネロ。いよいよその最期が描かれます。
また、第10巻刊行を記念して、9月13日(日)19:00~ヤマザキマリ&とり・みき両氏によるトークをオンライン配信いたします。詳細およびお申込みは、下北沢B&Bのホームページにてご確認ください。http://bookandbeer.com/event/20200913b_plinius/

2020年08月19日   NEWS / お知らせ / コミック

ラジオやテレビなどで活躍中の伊集院光さんより、「プリニウス」の推薦コメントをいただきました。伊集院さんがパーソナリティを務める、TBSラジオ「伊集院光とらじおと」には、作者のヤマザキマリ、とり・みき両氏も過去に出演。プリニウスの話題で盛り上がりました。右の画像は、その推薦コメントを掲載したパネル。『プリニウス』第9巻が発売される11月9日以降、全国の書店に配布される予定です。

2019年11月06日   NEWS / お知らせ

 

PAGE TOP