新潮200409号/表紙

新潮



2004年8月7日発売
特別定価 950円

舞城王太郎(220枚)「みんな元気。」

柳美里ロングインタビュー

対談 浅田彰+島田雅彦「天使が通る、ふたたび」

創作 浅尾大輔(新潮新人賞受賞第一作)
   桐野夏生 佐川光晴 古井由吉


新潮2004年9月特大号目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆みんな元気。(二二○枚)…………舞城王太郎
 家族なんて入れ替え可能だっつうの。『阿修羅ガール』以来の爆発的想像力で
 親子の終焉と再生を描く新・代表作。
冒頭部分立ち読み 冒頭部分立ち読み
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆役………………………………………古井由吉
◆納豆風の吹く日………………………桐野夏生
◆小さな者たちへ………………………佐川光晴
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
新潮新人賞受賞第一作
◆胸いっぱいの、(一八○枚)………浅尾大輔
 ふるさとに百年ぶりの殺人事件が起きた暑い夏、手遅れの町で手遅れの人間た
 ちがうめく、蠢く。
冒頭部分立ち読み 冒頭部分立ち読み
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■新潮
・二人の女性作家……………………………………岩橋邦枝
・リチャード・ヘルの『GO NOW』について………モブ・ノリオ
・森山大道、この未知なるもの……………………清水 穣
・魔王の夜……………………………………………森  健
・滅びゆく植物たちの肖像…………………………中原聡子
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆見えない音、聴こえない絵(8) ペーストされた時間………大竹伸朗
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
第37回《新潮新人賞》応募規定
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆対談 天使が通る、ふたたび………浅田 彰×島田雅彦
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆ロングインタビュー
 死者=歴史の声に耳を澄ます──『8月の果て』を走り終えて……柳美里
  (聞き手 榎本正樹)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆わが戦前─平成年間の感情、思想、文芸─ 第三回…………………福田和也
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆緊急ルポルタージュ2
 メラーの裔──モロッコ系ユダヤ人をめぐる6つの断章……………四方田犬彦
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆白紙のコンピューター文学
 ──平野啓一郎『バベルのコンピューター』をめぐって……………江島健太郎
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■本
・平野啓一郎『滴り落ちる時計たちの波紋』……………………井口時男
・ジュンパ・ラヒリ『その名にちなんで』………………………川本三郎
・よしもとばなな『High and dry(はつ恋)』…………………柴崎友香
・守中高明『存在と灰 ツェラン、そしてデリダ以後』 ………中島一夫
・シルヴィア・プラス『ベル・ジャー』…………………………ほしおさなえ
・後藤明生『日本近代文学との戦い』……………………………渡部直己
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■連載完結 モーツアルト断章……………………………………遠山一行
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■連載評論
・〈記憶〉の中の源氏物語(四)…………………………………三田村雅子
・二つの異なる原理―─小説をめぐって(九)…………………保坂和志
・文学の葉脈(十二)………………………………………………秋山 駿
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■連載小説
・HOKKAI(七)………………………………………………高樹のぶ子
・河岸忘日抄(二十三)……………………………………………堀江敏幸
・時計台(二十五)…………………………………………………加賀乙彦
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
編集長から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━