そろそろ覚悟をきめなければならない。「覚悟」とはあきらめることであり、「明らかに究める」こと。希望でも、絶望でもなく、事実を真正面から受けとめることである。これから数十年は続くであろう下山の時代のなかで、国家にも、人の絆にも頼ることなく、人はどのように自分の人生と向き合えばいいのか。たとえこの先が地獄であっても、だれもが生き生きした人生を歩めるように、人間存在の根底から語られる全七章。

発行形態 : 新潮新書 頁数 : 191ページ ISBN : 978-4-10-610287-5
C-CODE : 0210 整理番号 : 287 発売日 : 2008/11/17

734円(定価)

購入


覚悟するということ――序に代えて

第一章 時代を見すえる
時代は地獄に近づいている。資本主義が断末魔の叫びをあげ、あらゆることが下降していくなか、「命の実感」が薄らいでいる。

第三章 下山の哲学を持つ
権利とは、何かを保障されることではない。安心・安全はありえない。下りゆく現代、自分を見つめる「哲学」が必要ではないか。

第五章 他力の風にまかせること
人間は、生と死のあいだで引き裂かれた存在である。不条理で、ままならない日々を生きるために、「他力」という意味を知る。

最終章 人間の覚悟
いかに生きるか、ではなく、生きて在ること。そのことにこそ価値がある。その思いが、私たちの唯一にして不滅の光明である。
第二章 人生は憂鬱である
どこの国でも、いつの時代であっても、だれの内にも棲みつづけているもの。人が生まれながらに抱えた「悲苦」を見つめなおす。

第四章 日本人に洋魂は持てない
神はあるのか。罪とは何か――。その答えは、洋の東西で根本的にちがう。二十一世紀にこそ生かされるべき日本人の心性とは。

第六章 老いとは熟成である
アンチ・エイジングはあり得ない。だが、老いることは人間が熟成してゆく過程なのだ。「玄なる世界」で豊かに変わる関係性を知る。
五木寛之 イツキ・ヒロユキ

1932(昭和7)年9月30日福岡県生まれ。早稲田大学中退。編集者、放送作家などを経て、1966年に「さらば モスクワ愚連隊」で作家デビュー。『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞、『青春の門』(筑豊篇ほか)で吉川英治文学賞を受賞。『戒厳令の夜』『風の王国』『親鸞』『風に吹かれて』『大河の一滴』『他力』『孤独のすすめ』『マサカの時代』など著書多数、またリチャード・バック『かもめのジョナサン完成版』を〈創訳〉した。

ページの先頭へ戻る