ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:大木毅

大木毅

オオキ・タケシ

著者プロフィール

1961年東京生まれ。現代史家。立教大学大学院博士後期課程単位取得退学。DAAD(ドイツ学術交流会)奨学生としてボン大学に留学。防衛省防衛研究所講師、陸上自衛隊幹部学校講師等を経て著述に専念。雑誌「歴史と人物」の編集に携わり、旧帝国軍人を多数取材。『独ソ戦』(岩波新書)で「新書大賞2020」大賞を受賞。著書に『第二次大戦の〈分岐点〉』(作品社)、『「砂漠の狐」ロンメル』『「太平洋の巨鷲」山本五十六』、共著に『帝国軍人』(いずれも角川新書)など。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

大木毅
登録する

書籍一覧

大木毅が紹介した本