ホーム > 書籍詳細:天誅の剣

天誅の剣

八木荘司/著

693円(税込)

発売日:2021/09/01

書誌情報

読み仮名 テンチュウノケン
装幀 浅野隆広/カバー装画、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-103181-1
C-CODE 0193
整理番号 や-86-1
ジャンル 文学・評論
定価 693円
電子書籍 価格 693円
電子書籍 配信開始日 2021/08/30

その時、正義は血に染まった! 幕末明治の激流を駈けた男が、その果てに見たものは――。

幕末師走。長州藩の志士山尾庸三と伊藤俊輔は、夜の九段坂で暗殺を決行した。義挙と信じていたが、改革派の村田蔵六から厳しく 責される。翌年、二人は村田の助力で仲間と密航、ロンドンでその先進性に驚愕した! だが帰国してみると、世は守旧の激徒が暗躍し、村田の身にも危機が――。時は流れ、ハルビン駅頭。韓国併合に反対の伊藤は、凶弾に斃れた。〈天誅〉を主題に描く渾身の歴史小説。

目次
国学者斬殺
立志気高く
藩邸埋藏金
恥を忍びてゆく旅は
豚と半熟たまご
首都地中を走る
二人の決断
攘夷の血祭り
勝者のように
死の淵で
月下の挙兵
芸子見習い小梅
心事夢の如し
血塗りの腕
狂喜する声
天誅の果て
あとがき

著者プロフィール

八木荘司

ヤギ・ソウジ

兵庫県加古川市出身。京都大学文学部卒業後、産経新聞社に入社。大阪本社社会部長、論説委員長などを歴任。1987(昭和62)年、ノンフィクション『原告・宮津裕子』を発表。1992(平成4)年、ソウル五輪を題材にした小説『ソウルに消ゆ』で日本推理サスペンス大賞を受賞(筆名・有沢創司)。以後、『ガイアの季節』『三たびの銃声』『終りなき伝説』などを刊行。その他、日本の古代史をノンフィクションの手法で描く『古代からの伝言』や、『遥かなる大和』『青雲の大和』『大和燃ゆ』の古代史三部作等の著作がある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

八木荘司
登録

書籍の分類