ホーム > 書籍詳細:ロシアよ、我が名を記憶せよ

ロシアよ、我が名を記憶せよ

八木荘司/著

649円(税込)

発売日:2022/08/01

書誌情報

読み仮名 ロシアヨワガナヲキオクセヨ
装幀 立原圭子/カバー装画、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-103182-8
C-CODE 0193
整理番号 や-86-2
ジャンル 文学・評論
定価 649円
電子書籍 価格 649円
電子書籍 配信開始日 2022/07/28

日露開戦。我かく戦えり! 敵国の女性と結婚を誓った帝国海軍少佐の激闘を描く。

帝国海軍軍人の廣瀬武夫とロシア軍中佐の令嬢アリアヅナ。ペテルブルグで出会った二人は将来を誓いあい、一緒に日本で暮らす夢も膨らむ。だが戦争は不可避、日本も反ロの気運が満ちた。二人の愛の行方は……。開戦。決死の作戦行直前、廣瀬は彼女宛にロシア語の手紙を残し、激戦の海上で渾身のメッセージを刻んだ。一人の軍人の知られざる想いを通じ、明治日本の戦争と平和を描く感動作!

目次
開戦にむけて
白夜の街に
ねらうは極秘文書
ロシア暦七月十日
グルジアの友よ
戦争と平和
我が事終れり
愛の地平
銀盃と日本刀
焦がれる想いを
涙の聖断
万死に一生なし
閉塞船隊突入す
最後の頼み
消えた雄姿
仇討ちの海
あとがき

著者プロフィール

八木荘司

ヤギ・ソウジ

兵庫県加古川市出身。京都大学文学部卒業後、産経新聞社に入社。大阪本社社会部長、論説委員長などを歴任。1987(昭和62)年、ノンフィクション『原告・宮津裕子』を発表。1992(平成4)年、ソウル五輪を題材にした小説『ソウルに消ゆ』で日本推理サスペンス大賞を受賞(筆名・有沢創司)。以後、『ガイアの季節』『三たびの銃声』『終りなき伝説』『天誅の剣』などを刊行。その他、日本の古代史をノンフィクションの手法で描く『古代からの伝言』や、『遥かなる大和』『青雲の大和』『大和燃ゆ』の古代史三部作等の著作がある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

八木荘司
登録

書籍の分類