ホーム > 書籍詳細:星夜航行〔上〕

星夜航行〔上〕

飯嶋和一/著

1,100円(税込)

発売日:2021/10/01

書誌情報

読み仮名 セイヤコウコウ01
装幀 ミルキィ・イソベ(ステュディオ・パラボリカ)/カバー装幀、坤輿萬國全圖/カバー装幀(写本着色)、NASA/カバー装幀(星空写真提供)
雑誌から生まれた本 小説新潮から生まれた本
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-103241-2
C-CODE 0193
整理番号 い-142-1
ジャンル 文学・評論
定価 1,100円
電子書籍 価格 1,100円
電子書籍 配信開始日 2021/09/29

歴史小説の巨星が九年を費やした最高傑作。家康と秀吉に翻弄されながらも、高潔な魂を貫いた男の運命とは。

天正三年、三河国下和田村の馬飼い・甚五郎は、類稀なる馬扱いで家康の嫡男・三郎信康の小姓に取り立てられる。祖父と父はかつて家康に反旗を翻し、甚五郎は逆臣の遺児として生きてきたのだった。だが武士の日々は短く、家康の命により三郎信康は自害。甚五郎は出奔し、堺、薩摩、そして博多へ。活況の商都で船商いを営むが、そこへ秀吉の野望が――。歴史小説の巨星が掘り起こす不屈の男とは。

  • 受賞
    第12回 舟橋聖一文学賞

著者プロフィール

飯嶋和一

イイジマ・カズイチ

1952(昭和27)年、山形県生れ。1983年、『プロミスト・ランド』で小説現代新人賞、1988年、『汝ふたたび故郷へ帰れず』で文藝賞を受賞しデビュー。2000(平成12)年、『始祖鳥記』で中山義秀文学賞、2008年、『出星前夜』で大佛次郎賞、2016年、『狗賓童子の島』で司馬遼太郎賞、2018年、『星夜航行』で舟橋聖一文学賞を受賞。ほかの著書に『雷電本紀』『神無き月十番目の夜』『黄金旅風』がある。

関連書籍

判型違い(単行本)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

飯嶋和一
登録

書籍の分類