ホーム > 書籍詳細:野菊の墓

野菊の墓

伊藤左千夫/著

374円(税込)

発売日:1955/10/27

書誌情報

読み仮名 ノギクノハカ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-104801-7
C-CODE 0193
整理番号 い-5-1
ジャンル 文芸作品
定価 374円
電子書籍 価格 352円
電子書籍 配信開始日 2013/06/01

時代・世代を越えて、誰もがラストで涙する、これを純愛と呼ぶのだ。

政夫と民子は仲の良いいとこ同士だが、政夫が十五、民子が十七の頃には、互いの心に清純な恋が芽生えていた。しかし民子が年上であるために、ふたりの思いは遂げられず、政夫は町の中学へ、民子は強いられ嫁いでいく。数年後、帰省した政夫は、愛しい人が自分の写真と手紙を胸に死んでいったと知る。野菊繁る墓前にくずおれる政夫……。涙なしには読めない「野菊の墓」、ほか三作を収録。

著者プロフィール

伊藤左千夫

イトウ・サチオ

(1864-1913)千葉県生れ。歌人、小説家。1885(明治18)年上京し牛乳牧舎で働いたのち、牛乳搾取業を開業する。30歳の頃から『万葉集』に親しみ、歌会などに出席。1900年正岡子規を訪ねその門人となる。子規の没後、歌誌「馬酔木」を創刊。編集、作歌、『万葉集』研究に全力を尽くす一方、斎藤茂吉など優れた門下生を養成した。また、子規の写生文の影響を受け、1906年小説『野菊の墓』、1908年『春の潮』等を発表した。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

伊藤左千夫
登録
文芸作品
登録

書籍の分類