ホーム > 書籍詳細:猟銃・闘牛

猟銃・闘牛

井上靖/著

572円(税込)

発売日:1950/11/30

書誌情報

読み仮名 リョウジュウトウギュウ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-106301-0
C-CODE 0193
整理番号 い-7-1
ジャンル 文芸作品、文学賞受賞作家
定価 572円
電子書籍 価格 528円
電子書籍 配信開始日 2014/02/07

ひとりの男の十三年間にわたる不倫の恋を、妻・愛人・愛人の娘の三通の手紙によって浮彫りにした恋愛心理小説『猟銃』。社運を賭した闘牛大会の実現に奔走する中年の新聞記者の情熱と、その行動の裏側にひそむ孤独な心情を、敗戦直後の混乱した世相のなかに描く芥川賞受賞作の『闘牛』。無名だった著者の名を一躍高からしめた初期の代表作2編の他『比良のシャクナゲ』を収録。

  • 受賞
    第22回 芥川龍之介賞
  • 舞台化
    猟銃(2016年4月公演)
  • 舞台化
    猟銃(2011年10月公演)

著者プロフィール

井上靖

イノウエ・ヤスシ

(1907-1991)旭川市生れ。京都大学文学部哲学科卒業後、毎日新聞社に入社。戦後になって多くの小説を手掛け、1949(昭和24)年「闘牛」で芥川賞を受賞。1951年に退社して以降は、次々と名作を産み出す。「天平の甍」での芸術選奨(1957年)、「おろしや国酔夢譚」での日本文学大賞(1969年)、「孔子」での野間文芸賞(1989年)など受賞作多数。1976年文化勲章を受章した。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

井上靖
登録
文芸作品
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類