ホーム > 書籍詳細:新編 風の又三郎

新編 風の又三郎

宮沢賢治/著

572円(税込)

発売日:1989/03/01

書誌情報

読み仮名 シンペンカゼノマタサブロウ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-109204-1
C-CODE 0193
整理番号 み-2-4
ジャンル 文芸作品
定価 572円
電子書籍 価格 572円
電子書籍 配信開始日 2012/06/29

どっどど どどうど どどうど どどう。風に乗って、謎の転校生がやって来た。自然の声と子どもたちの感性が痛いほど澄み渡る珠玉の短編集。

「やっぱりあいづ又三郎だぞ」谷川の岸の小学校に風のように現われ去っていった転校生に対する、子供たちの親しみと恐れのいりまじった気持を生き生きと描く表題作や、「やまなし」「二十六夜」「祭の晩」「グスコーブドリの伝記」など16編を収録。多くの人々を魅了しつづける賢治童話の世界から、自然の息づきの中で生きる小動物や子供たちの微妙な心の動きを活写する作品を中心に紹介。

  • 映画化
    グスコーブドリの伝記(2012年7月公開)
目次
やまなし
貝の火
蜘蛛となめくじと狸
ツェねずみ
クンねずみ
蛙のゴム靴
二十六夜
雁の童子
十月の末
フランドン農学校の豚
虔十公園林

鳥をとるやなぎ
祭の晩
グスコーブドリの伝記
風の又三郎
注解・解説・年譜 天沢退二郎

著者プロフィール

宮沢賢治

ミヤザワ・ケンジ

(1896-1933)明治29年、岩手県花巻生れ。盛岡高等農林学校卒。富商の長男。日蓮宗徒。1921(大正10)年から5年間、花巻農学校教諭。中学時代からの山野跋渉が、彼の文学の礎となった。教え子との交流を通じ岩手県農民の現実を知り、羅須地人協会を設立、農業技術指導、レコードコンサートの開催など、農民の生活向上をめざし粉骨砕身するが、理想かなわぬまま過労で肺結核が悪化、最後の5年は病床で、作品の創作や改稿を行った。生前刊行されたのは、詩集『春と修羅』童話集『注文の多い料理店』(1924)のみ。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

宮沢賢治
登録
文芸作品
登録

書籍の分類