ホーム > 書籍詳細:共犯者

共犯者

松本清張/著

693円(税込)

発売日:1980/05/27

書誌情報

読み仮名 キョウハンシャ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-110946-6
C-CODE 0193
整理番号 ま-1-40
ジャンル ミステリー・サスペンス・ハードボイルド、文学賞受賞作家
定価 693円
電子書籍 価格 660円
電子書籍 配信開始日 2012/08/01

あいつを消さねば――。完全犯罪をもくろんだ男のつまずきとは。スリリングな短篇10篇。

銀行を襲い、仲間と山わけにした金で商売をはじめた内堀彦介は、事業に成功した今、真相露顕の恐怖から5年前に別れた共犯者の監視を開始するが……。疑心暗鬼から自滅していく男を描く「共犯者」。妻の病気、借金、愛人とのもめごと、仕事の失敗――たび重なる欲求不満と緊張の連続が生み出す衝動的な殺意を捉えた「発作」。ほかに、「恐喝者」「愛と空白の共謀」など全10編を収める。

  • テレビ化
    松本清張特別企画『共犯者』(2015年9月放映)
目次
共犯者
恐喝者
愛と空白の共謀
発作
青春の彷徨

潜在光景
剥製
典雅な姉弟
距離の女囚
 解説 権田萬治

著者プロフィール

松本清張

マツモト・セイチョウ

(1909-1992)小倉市(現・北九州市小倉北区)生れ。給仕、印刷工など種々の職を経て朝日新聞西部本社に入社。41歳で懸賞小説に応募、入選した『西郷札』が直木賞候補となり、1953(昭和28)年、『或る「小倉日記」伝』で芥川賞受賞。1958年の『点と線』は推理小説界に“社会派”の新風を生む。生涯を通じて旺盛な創作活動を展開し、その守備範囲は古代から現代まで多岐に亘った。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

松本清張
登録
ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類