ホーム > 書籍詳細:江戸川乱歩傑作選

江戸川乱歩傑作選

江戸川乱歩/著

649円(税込)

発売日:1960/12/24

書誌情報

読み仮名 エドガワランポケッサクセン
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-114901-1
C-CODE 0193
整理番号 え-3-1
ジャンル 文芸作品
定価 649円
電子書籍 価格 572円
電子書籍 配信開始日 2008/05/01

読者諸君、これが日本で一番美しい犯罪小説だ。耽美的トリック×倒錯的フェティシズムが交錯する、本格探偵小説を確立した初期傑作9編。

日本における本格探偵小説を確立したばかりではなく、恐怖小説とでも呼ぶべき芸術小説をも創り出した乱歩の初期を代表する傑作9編を収める。特異な暗号コードによる巧妙なトリックを用いた処女作「二銭銅貨」、苦痛と快楽と惨劇を描いて著者の怪奇趣味の極限を代表する「芋虫」、他に「二癈人」「D坂の殺人事件」「心理試験」「赤い部屋」「屋根裏の散歩者」「人間椅子」「鏡地獄」。

  • テレビ化
    文豪少年! ~ジャニーズJr.で名作を読み解いた~(2021年3月放映)
  • 映画化
    人間椅子(2007年6月公開)
目次
二銭銅貨
二癈人
D坂の殺人事件
心理試験
赤い部屋
屋根裏の散歩者
人間椅子
鏡地獄
芋虫
 解説 荒 正人

関連コンテンツ

イベント/書店情報

まとめテーマでくくる 本選びのヒント

著者プロフィール

江戸川乱歩

エドガワ・ランポ

(1894-1965)本名平井太郎。三重県名張市生れ。早稲田大学政経学部卒。日本における本格推理、ホラー小説の草分け。貿易会社勤務を始め、古本商、新聞記者など様々な職業をへた後、1923(大正12)年雑誌「新青年」に「二銭銅貨」を発表して作家に。主な小説に『陰獣』『押絵と旅する男』、評論に『幻影城』などがある。1947年探偵作家クラブ(後の日本推理作家協会)の初代会長となり、1954年江戸川乱歩賞を設け、1957年からは雑誌「宝石」の編集にたずさわるなど、新人作家の育成に力をつくした。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

江戸川乱歩
登録
文芸作品
登録

書籍の分類