ホーム > 書籍詳細:てるてる坊主の照子さん〔下〕

  • テレビ化てるてる家族(2003年9月放映)

てるてる坊主の照子さん〔下〕

なかにし礼/著

529円(税込)

本の仕様

発売日:2003/08/01

読み仮名 テルテルボウズノテルコサン03
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-115423-7
C-CODE 0193
整理番号 な-47-3
ジャンル 文芸作品、文学賞受賞作家
定価 529円

春子のスケートは全国レベルへ上達し、五輪を目指すまでになった。いっぽう、夏子には芸能界から誘いがかかり、歌手デビューの話が持ち上がる……。果たして、姉妹のオリンピックと紅白歌合戦、ダブル出場の奇蹟は起こるのか? 照子が祈りをこめて吊したてるてる坊主は、今日も岩田家の物干し場の軒端で揺れている。涙と笑いと感動の家族劇「なにわの若草物語」いよいよ佳境!

著者プロフィール

なかにし礼 ナカニシ・レイ

1938(昭和13)年、中国黒龍江省牡丹江市生れ。立教大学文学部仏文科卒業。シャンソンの訳詩家を経て、作詞家に。「石狩挽歌」「時には娼婦のように」他多くのヒット曲を生み「天使の誘惑」「今日でお別れ」「北酒場」で日本レコード大賞を3回受賞。他にも同作詩賞2回、ゴールデンアロー賞、日本作詩大賞など受賞歴多数。クラシック界にも活動の場を広げ、オペラ「ワカヒメ」「静と義経」、オラトリオ「ヤマトタケル」、世界劇「眠り王」「源氏物語」などの作品がある。1998(平成10)年、『兄弟』を発表して小説家に。2000年、『長崎ぶらぶら節』で直木賞を受賞。『赤い月』ほか著書多数。

なかにし礼 オフィシャルサイト (外部リンク)

目次

雨降りお月さん
ひとすじの光
本日は晴天なり
おまけ
あとがき
解説 久世光彦

関連コンテンツ

感想を送る

新刊お知らせメール

なかにし礼
登録する
文芸作品
登録する
文学賞受賞作家
登録する

書籍の分類

この分類の本