ホーム > 書籍詳細:細川ガラシャ夫人〔上〕

細川ガラシャ夫人〔上〕

三浦綾子/著

693円(税込)

発売日:1986/03/27

書誌情報

読み仮名 ホソカワガラシャフジン1
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-116214-0
C-CODE 0193
整理番号 み-8-14
ジャンル 文芸作品
定価 693円

【心を鷲掴みにする珠玉の歴史小説】敵すら息をのんだその美貌――。謀反者・明智光秀を父に持った絶世の美女、玉子。

明智光秀の娘として何不自由なく育てられた玉子は、十六になった時、織田信長の命令で細川忠興のもとに嫁ぐこととなった。女性が男性の所有物でしかなく、政略の道具として使われた時代に、玉子は真の人間らしい生き方を求めて行く……。実の親子も殺し合う戦国の世にあって、愛と信仰に殉じた細川ガラシャ夫人。その清らかにして熾烈な悲劇の生涯を浮き彫りにした著者初の歴史小説。

著者プロフィール

三浦綾子

ミウラ・アヤコ

(1922-1999)旭川生れ。17歳で小学校教員となったが、敗戦後に退職。間もなく肺結核と脊椎カリエスを併発して13年間の闘病生活。病床でキリスト教に目覚め、1952(昭和27)年受洗。1964年、朝日新聞の一千万円懸賞小説に『氷点』が入選、以後、旭川を拠点に作家活動。主な作品に『塩狩峠』『道ありき』『天北原野』『銃口』など。1998(平成10)年、旭川に三浦綾子記念文学館が開館。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

三浦綾子
登録
文芸作品
登録

書籍の分類