ホーム > 書籍詳細:細川ガラシャ夫人〔下〕

細川ガラシャ夫人〔下〕

三浦綾子/著

781円(税込)

発売日:1986/03/27

書誌情報

読み仮名 ホソカワガラシャフジン2
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-116215-7
C-CODE 0193
整理番号 み-8-15
ジャンル 文芸作品
定価 781円

【涙が止まらない感動の戦国ロマン】三成を窮地に誘うその知謀――。秀吉すら手に入れることが叶わなかった女、ガラシャ。

暴君信長のむごい仕打ちに耐えかね、ついに明智光秀は織田家に叛旗をひるがえした。しかしその天下はあまりにも短く、玉子は逆臣の娘として苦難の日々を過ごすことになった。父母一族は亡び、夫や子とも引き裂かれた玉子は、秀吉のキリシタン弾圧の中、洗礼を受けることを決意する……。強者の論理が支配する時代に、命をかけて信念を貫いた細川ガラシャの生涯を描く感動の歴史ロマン。

著者プロフィール

三浦綾子

ミウラ・アヤコ

(1922-1999)旭川生れ。17歳で小学校教員となったが、敗戦後に退職。間もなく肺結核と脊椎カリエスを併発して13年間の闘病生活。病床でキリスト教に目覚め、1952(昭和27)年受洗。1964年、朝日新聞の一千万円懸賞小説に『氷点』が入選、以後、旭川を拠点に作家活動。主な作品に『塩狩峠』『道ありき』『天北原野』『銃口』など。1998(平成10)年、旭川に三浦綾子記念文学館が開館。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

三浦綾子
登録
文芸作品
登録

書籍の分類