ホーム > 書籍詳細:田辺聖子の古典まんだら〔上〕

古典は、いつの世でもいちばん新しい! 『古事記』『万葉集』から平安文学まで、やさしい古典入門。

田辺聖子の古典まんだら〔上〕

田辺聖子/著

562円(税込)

本の仕様

発売日:2013/09/01

読み仮名 タナベセイコノコテンマンダラ1
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-117529-4
C-CODE 0195
整理番号 た-14-29
ジャンル 古典、文学賞受賞作家
定価 562円

古典ほど面白いものはない! 読んでみれば、気になる登場人物がきっと見つかるはず。この人が大好き、というお気に入りができたら、もう魅力に気づいたということ。ヤマトタケルが『古事記』の中で詠んだ、後世の私たちに捧げてくれたラブメッセージ。『万葉集』には、かつての恋人へおおらかに歌いかける額田王の姿が……。古典をこよなく愛する著者が、その魅力を縦横無尽に語る。

著者プロフィール

田辺聖子 タナベ・セイコ

1928(昭和3)年、大阪生れ。樟蔭女専国文科卒業。1964年『感傷旅行(センチメンタル・ジャーニィ)』で芥川賞、1987年『花衣ぬぐやまつわる……わが愛の杉田久女』で女流文学賞、1993(平成5)年『ひねくれ一茶』で吉川英治文学賞を、1994年菊池寛賞を受賞。また1995年紫綬褒章、2008年文化勲章を受章。小説、エッセイの他に、古典の現代語訳ならびに古典案内の作品も多い。

目次

はじめに
ヤマトタケルのラブメッセージ――古事記
天皇も庶民も歌を詠んだ――万葉集
子を失った悲しみはいつまでも――土佐日記
恋のベテラン、和泉式部――王朝女流歌人
彼は今日も来てくれない――蜻蛉日記
日本のシンデレラ――落窪物語
悲しいことはいいの。楽しいことだけ書くわ――枕草子
道長ってなんて豪胆――大鏡
毛虫大好き姫君――堤中納言物語
女はやっぱりしたたか――今昔物語集
平安朝のオスカル――とりかへばや物語

関連書籍

判型違い(書籍)

感想を送る

新刊お知らせメール

田辺聖子
登録する
古典
登録する
文学賞受賞作家
登録する

書籍の分類

この分類の本

田辺聖子の古典まんだら〔上〕

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto